徳川御三家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 徳川御三家

・ 

■ 徳川御三家の今(平成29年現在)

・ 尾張徳川家22代当主の徳川義崇。

・ 水戸徳川家15代当主の徳川斉正。

・ 紀州徳川家19代当主の徳川宣子(ことこ)昭和31年生まれ。昭和60年に石橋徳川建築設計事務所を設立。
 参議院議員だった紀州徳川家の十六代当主の頼貞が昭和29年に亡くなった後、長男の頼韶が家督をついだが4年後に死去。頼貞の長女の実子と結婚した夫の剛が婿養子として入り、当主となった。しかし、昭和40年に離婚したため、男系がいなくなり実子の長女で独身の宣子が十九代当主になった。

【お殿様は「今」 加藤明 洋泉社】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示