「地名や名字」の語源集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ A(ア〜): 湿地(阿ノ浦、阿ノ津)【出典

■ 相生(あいおい)

■ 合川(あいかわ): 落合川に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 四十川(あいかわ): 始めと終わり(始終)の間を流れる川。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】
四十物じゃないんだねぇ。

■ 「青(あお)」の語源

■ 「あおき」の語源

■ 「赤(あか)」の語源

■ 「あく」の語源

■ 「あくた」の語源

■ 「あくみ」の語源

■ Asahina(アサヒナ): 〜當から日のよく当たる所。◆岼位遏廚寮癲朝比奈、朝夷(あさひな)など。【出典

■ 「あざぶ」の語源

■ Aziro(アジロ): 網場、漁場。関東地方以西に散在する。網代、網代浜、網代鼻、真網代、先網代、安代、阿代河内、粟代、西、足代など。【出典

・ 網代(あじろ): 網の代わりという意味で、魚を追い込む仕掛け。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「あず、あずき」の語源

■ 畔上(あぜがみ): 畔の上の方。田から離れた場所にあった村落に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ Ada(アダ): \邊漾端。日あたりの良い場所。阿太、吾田、熱田(アツタ)など。【出典

■ 「あだち」の語源

■ 「あたみ・あつみ」の語源

■ 安土(あづち)

■ 「あてら」の語源

■ 「あば」の語源

■ 「あびこ」の語源

■ 「あべ」の語源

■ Abo(アボ): 崖(阿保、安保、阿保峠、阿保坂、アボ鼻)【出典

■ 「あまみ」の語源

■ 天羽(あもう): 「天」は高いところを差し、山地を切り開いた開拓者に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「あゆ」の語源

■ 荒木田(あらきだ): 伊勢の神から新墾田を賜ったことに由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「あらし」の語源

■ 井(い): 古くは広く「水くみ場」を指した。また「用水路」という意味もあった。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】
・ 「いど」は井のある処の井処(井戸)。用水を汲む所を「い」という。「い」が「ゆ」に転じたところもある。
・ 「井」の地名: 地方によっては「井」は「ゆ(湯)」に転じたところもある。
・ 集落を意味する

■ 飯塚(いいづか): 「いひ(飯、いひ)」+「つか(塚)」で、「飯を盛り上げたように築いた台地」や「上方に高く築いて盛り上げた土地」の意味。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 「いか」の語源

■ 「いがらし」の語源

■ 「いそ」の語源

■ 「いた」の語源

■ 抱江(いだがえ): 川(江)を囲む(抱く)ように開けている土地に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「いち」の語源

■ 一品房(いっぽんぼう): 「一品」は経文の数え方。「房」は室のことで、僧坊につけられることが多く、そこから僧侶関係の名字になった。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「いで」の語源: 井出・井手

■ 「いなば」の語源

■ 今出(いまで): 前の集落を出て、今の場所に住んでいるという意味。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「いも」の語源

■ 井守(いもり): 中世、農民が水で争わないように守る奉行があり、それに由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「いら」の語源

■ Inden(インデン): 隠田(カクレダ)の音読み。印田、印天、陰田、院田、院殿。【出典

■ 兎田(うさぎだ) もとは「免田」だった。「兎」の字に変えたのはカモフラージュ。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「うすい」の語源

■ 「うた」の語源

■ 「うば、おば」の語源

■ 馬養(うまかい): 古代の職業で、馬の世話をしていた「馬養部(うまかいべ)」に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「うみ」の語源

■ 「うめ」の語源

■ 楳垣(うめがき): 低い土地を埋めて居住した地名に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「うめつ」の語源

■ 「うら」の語源

■ 裏(うら): 石川県に多く、裏の地名に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 閏(うるう): 「潤」の略字で、湿潤な土地に由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 吽野(うんの): 吽はもともと温(おん)で、温泉の出る野を意味した。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「え」の語源

■ 江川(えがわ): 大きな川に入る小川を枝川(えがわ)と言ったことに由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「えぐ」の語源

■ 会下(えげ): 埼玉県鴻巣市に「上会下(かみえげ)」と「下会下(しもえげ)」がある。「会下」とは「和尚」の別名で、「上にある寺」「下にある寺」を意味する。

■ 江尻(えじり): 小さな川(江川)の下流に住んでいたことに由来する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 江田(えだ): 小さな川(江川)の近くにある田んぼという意味。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 江連(えづれ): 侵食されやすい入江を意味する。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

■ 「えど」の語源

■ Eba(エバ): 入江。江場、江波など。【出典

■ 「えび」の語源

■ 追分: 街道の分かれ目

■ 大路(おおじ): 「おお(大)」+「ぢ(みち)」に由来し、広い路を意味する。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 「おちあい」の語源

■ 「おとめ」の語源

■ 「おりたて」の語源

■ 「かい」の語源

■ 皆生(かいけ)

■ 開作(かいさく): 山口県特有の新田地名。【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

■ かいと・かきうち: 「垣内」。「垣」の内側の所有地。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

・ カイト、カイチ、カイツ、カッチ、カワチ、コウチ、ゴウチ: これらは同義語で、「河谷」や「谷合(たにあい)の小平野」を意味する。【出典

■ 「かが」の語源

■ 鍵掛(かぎかけ): 船戦用の鉤綱を使って滝を登ったことに由来する。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 香具山(かぐやま)

■ 河岸(かし): 「か(川・河)」+「し(場所)」で、岸の舟をつなぐところ。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 「かし」の語源

■ 「かな」の語源

■ 「かぶらぎ」の語源

■ 「かま」の語源

■ 「かまち」の語源

■ 「かみ」の語源

■ 「かめ」の語源

■ 「かも」の語源

■ Gara(ガラ): ‐石、土と石との混じったもの。唐内(ガラチ)など。貧鉱石を捨てた小山。柄(ガラ)山など。【出典

■ Karasu(カラス): ‐石の土地。干(カレ)枯より。1─【出典

■ 川・河(かわ): 「川」の中でも大きなものを「河」といい、さらに大きなものを「江」と言った。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ かわい: 川の合流する地点は「川合」で、「河合」「川相」「河相」とも書いた。また、「落合」ともいう。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 川端(かわばた): 「かわ(川)」+「はた(端)」で、「川に沿ったすぐそば」の町や集落を意味する。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 神田(かんだ): 昔、皇大神宮に新穀を奉るための神田(斎田)があったところ。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 菊川・吉川(きくかわ)

■ 岸(きし): 山と平地の境目【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 「きそ」の語源

■ 京極(きょうごく)

■ きらい: 「切れ合い」が「きらい」となった。両側を絶壁に挟まれた狭い土地のこと。徳島県や香川県に多い地名。【出典

■ 「クズ・クジ・グジョ」の語源

■ 楠・樟(くすのき): 「くす(奇す)」+「の」+「木」で、「大樹で木の香りに神霊を感じる木」のこと。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 沓掛: 旅人が履き物を道路の神に供えて道中の安全を祈願した土地。

■ 「クテ」の語源

■ くぼ(久保、窪): 窪地は地下水の水位が高いので水を得やすく水田が作りやすい。そしてその周囲の小高いところに集落(円村という)が出来た。【出典

■ 「クマ」の語源

■ くもんでん、くもで: 公文田は公文が持つ土地で、「雲手(くもで)」「雲出(くもで)」「蜘蛛手(くもで)」と変化した。

■ 「クリ」の語源

■ 「黒(くろ)」の語源

■ 「クワ」の語源

■ Gora(ゴーラ): \价蓮∈獣蓮洞窟。強羅(ごうら)、川原(ごーら)など。【出典

■ Goka(ゴカ): 郷の連合体の地名。たとえば伊賀国は、北杣、玉滝、鞆田、湯船、内保、槙山の五つの荘から成る。五箇村、五家荘など。【出典

■ 「コガネ」の語源

■ 「コケ」の語源

■ 越(こし): 歩いて川を渡れるところを「川越」と言った。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

・ Kosi(コシ): ,佞發函側。山腰、腰巻など。崖。腰越、腰浜など。1曄Aケ曄∋咳曄越戸・幸次ヶ峠など。【出典

■ Kosiki(コシキ): ‥魑い鯲てる甑(比喩語)。甑岳、甑山、越敷(こしき)山など。甑(コシキ)(せいろう)の象形語。甑岩、甑島など。石垣。子敷、内甑(うちこしき)など。【出典

■ 御坊: 御坊は本来浄土真宗寺院を指す。

・ Gobo(ゴボー): |讃な谷、小台地。牛房野、小房、小坊など。∋院。御坊など。【出典

■ Gomi(ゴミ): 泥地で表日本に多く見られる。五味、吾味、五海、郷見など。【出典

■ 境・堺・酒井・坂井・阪井(さかい)

■ 「さくら」の語源

■ 「サコ」の語源

■ 「さる、され」の語源

■ 「シオ」の語源

■ 塩津(しおづ)

■ 「七五三(しめ)」の語源

■ 「ジャ」の語源

■ 「春夏秋冬」の語源

■ 条: 「ジョ(八丈島で畑のこと)」【出典

■ 「ショウブ」の語源

■ 「白(しろ)」の語源

■ 神通川】(じんつうがわ): 「神済(神の水)」+「川」。神に供える清らかな川で、「神の恵みの川、水害もなく、豊かにきよらかな水をくださる川」の意味。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】
※ 富山県に土地鑑がないんですが、神通川って水害が多いイメージがあるのだが。

■ 「ス・スカ」の語源

■ 「スキ」の語源

■ 「すずき、すすき」の語源

■ 「スナ」の語源

■ 瀬田(せた)

■ 「そが」の語源

■ 「ソネ」の語源

■ 園: 「園」は古代から中世にかけて、「畑」を表す律令用語だった。
・ 鹿児島では「薗」、熊本や福岡では「園」の地名が多い。律令制の「園の制」に由来し、水田以外の農地を意味した。【出典
・ 米などの主要作物以外の作物を育てる場所を「その」と呼び、「園」「薗」などと書いた。全国的にみられるが、特に九州地方に多い。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ たいら: 長野県では、盆地のことを「平(たいら)」といった。善光寺平、佐久平。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 「タキ・タケ」の語源

■ 「伊達」の語源

■ 谷間: 西日本では、谷間を「せこ」や「さこ」と呼び、「迫」「峪」「佐古」「窄」などと書いた。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ Daba(ダバ): Tabaの転。駄馬など。【出典

■ 「タマ」の語源

■ 「たるみ」の語源

■ 「ツ」の語源

■ 「ツエ」の語源

■ 佃(つくだ)

■ 「ツバキ・ツバメ」の語源

■ 「ツル」の語源

■ Deto(デト): 〇鈎呂諒から呼ぶ「出口」。∋海涼次出戸、出戸浜など。【出典

■ Doai(ドアイ): 〇慨屬猟稈蓮E攅腓覆鼻∪遒旅舂点。土合、渡合。【出典

■ どい: 「土井」「土居」。土塁のこと。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

・ Doi(ドイ): 土手(中世豪族屋敷の)。中国地方や四国地方に多い。豊内(ドイ)、土居、土居内、土井、土井畑、土井迫、土井ノ池、土井ノ坪、塩土井など。【出典

■ 「トキ・ツキ」の語源

■ 「とく」の語源

■ 「どく」の語源

■ 「とち」の語源

■ 殿村・外村(とのむら)

■ 「トリ」の語源

■ 「ナギ」の語源

■ 「ナシ」の語源

■ なる、なら: 平の意味。成沢は、沢の周辺の平らな場所?【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

・ 「ナル」の語源

■ 「ニッタ」の語源

■ 野原(のはら): 水田化された平地が「野」で、水田以外の場所が「原」である。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 「野と原」の語源

■ 「はが」(芳賀、羽賀)

■ 「はぎ」の語源

■ はけ: 「崖地」のこと。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ はなわ(花輪、塙): 東北地方から関東地方の方言で、「小高い土地」を意味した。【出典

■ 春山・治山(はるやま)
・ 開墾の「ハル、ハリ、ハン、バン」+山で、開墾した山地の集落を意味する。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ Hiki(ヒキ): Hiokiの転。日置。低い。ひきがえる(方言ひきだ)、疋田、引地、引野など。【出典

■ ふけ・むた: 西日本では湿地を「フケ」といい、「泓」「浮池」などと書いた。香川県では「福家」と書いた。また九州では「ムタ」と言い、「牟田」と書いた。北陸から東日本にかけては「やち」とも言い、「谷地」や「谷内(やち)」と書いた。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ 淵(ふち): 川が深くて流れが遅いところ。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

■ Bota(ボタ): 土手、堤。保田(ボタ)、甫田(ボタ)、牡丹餅など。【出典

■ 洞(ほら): 山間の切り開かれた土地。【出典

■ 町: 「町」という字には、「耕地の畝や畔」の意味がある。

■ 「丸」の語源

■ 目(め)の地名

■ めん: 荘園ができた後に武士が開発した土地は年貢が免除された。「免田(めんでん)」。あらたに免田になった土地は「免取り(めんどり)」と言われ、「免鳥」や「雌鳥」に転じた。
# 一色、別府なども税の免除に由来する。
荘園の年貢の一部が免除された土地を一色という。
国司の権限で年貢の一部や全部が免除された土地を別符といった。「別名の符」。別府も同じ。大分県別府市は宇佐神宮の石垣荘で「石垣荘二百町のなかの六十町が別符」という記録がある。

■ 安井(やすい) 
・ 洪水の無い安らかな地を意味する。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ やた(谷田): 谷が山と山との間に入り込むありさまを「や(矢)」と言い表したことによる。【出典

■ 結(ゆい): 労働をともにすること。由比ケ浜、由比、由井。【出典】 

■ 黄泉国(よみのくに): 黄泉の国の語源は「闇の国」「山の国」。【火山で読み解く古事記の謎 蒲池明弘  文春新書】

統計表示