「てんまる」の読書
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 読書の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ てんまる 日本語に革命をもたらした句読点 山口 謠司 PHP新書

# 日本語としての文章語が確立されるにつれて「てんまる」が必要となっていった。

# 文章を「黙読」する習慣がなかった時代には「てんまる」はほとんど必要無かった。

# 明治時代の教育制度の開始(言文一致運動)と同時に生まれたといってもいい。

# 「ここではきものをぬいでください」。これは、「点」をどこにうつかによって意味が大きく変わる。
 ,海海如△呂ものを、ぬいでください。
◆,海海任蓮△ものを、ぬいでください。

# 結婚式の招待状には「てんまる」は入れてはいけない。「てんまる」は文章を「切る」もので、二人の「絆を切る」になる。言霊だぁ。

# 日本語には正しい「てんまる」の付け方は無い。原稿をしゃべりながら書くと、息継ぎのところでどうしても「、」を打ちやすくなり「てんまる」の多い文章になりがち。

# 源氏物語は、当時の「話し言葉」をそのまま文字に起こしたもの。

# てんまるはいつからはじまったのか?

・ 「、」の記号が使用された最も古い史料は、奈良時代の天平十七年(745年)以前に写された「文選李善(りぜん)注」と言われる。 

統計表示