「道玄坂」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 道玄坂(どうげんざか): 東京都渋谷区道玄坂

・ 坂の途中の洞窟に大和田太郎という山賊が住み、旅人から金品を奪っていた。晩年に、大和田太郎は仏門に入り、名を道玄と改め、過去を悔い改め、物見の老木も切り倒したという。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】 

・ 鎌倉時代初期の武将の和田義盛は、源頼朝が挙兵した後、建保元年(1213年)に北条氏の挑発で挙兵したが敗死した。一族の大和田道玄が残党とともに近くに隠れ、野盗となった。道玄は坂の上にあった松の木に登って物見をして、街道をゆく旅人をみつけると手下に合図を送り、金品を奪わせた。この松を道玄松と呼び、そこから道玄坂と呼ばれるようになった。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示