「岩槻」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岩槻(いわつき): 埼玉県さいたま市岩槻区

・ 「新編武蔵風土記稿」によると、「長禄元年(1457年)に太田入道道灌が城を築き、その城塞が大きな岩をもって築いたようにみえた」ことから、「岩築」の城と名付けた。しかし、この地の弥勒寺に北条相模守重時が寄進した寛元四年(1246)の鐘銘に、「岩付」と掘られていることから、もっと古い地名と思われる。【埼玉 地名の由来を歩く 谷川彰英 ベスト新書】

・ この地に作られた城の名前に由来する。古くは岩築と書き、その後は岩附、岩月、岩槻と書いた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示