「開発」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 開発(かいほつ): 富山地方鉄道に駅がある。新田開発の地名で中部地方に多く見られる。

■ 開発(かいほつ): 富山県富山市開発。富山県高岡市開発町。富山県砺波市東開発。富山県南砺市開発。富山県射水市今開発。富山県中新川郡上市町中開発。
・ 富山県黒部市: 黒部川西部の海岸近くの平坦地。村名の由来は開発して村作りしたという意味から。
【角川日本地名大辞典】
・ 西は三熊(さんのくま)に接す。村名は江戸後期に三熊の東、通称茨山と呼ばれるところを開発してできたことにちなんでつけられたと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 開発(かいほつ): 福井県福井市開発。福井県大野市開発。
・ 福井県福井市開発: 南北朝期から見える地名。越前国吉田郡藤島荘のうち。九頭竜川下流左岸にひろがる扇状地に位置する。地名は付近に多くみられる新保や新田を付する地名と同じく、往古九頭竜川が堆積した砂礫からなる荒蕪地の開拓による地名とみられるが、詳細は不詳。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示