岐阜県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岐阜県の名字の特徴 ・ 岐阜県の代表家紋 ・ 岐阜県の地名集

# 旧飛騨国美濃国

# 岐阜県: 「岐」は深く入り込む、「阜」は岡を意味する。「谷間に深く入り込んだ丘陵地」の意味で、岐阜城のこと。
・ 信長が斎藤家の稲葉山を改名しようとして沢彦宗恩(たくげんそうおん)に相談した。このとき、「岐山(ぎざん)」「岐陽(ぎよう)」「曲阜」の三案が出された。信長は三案から「岐山」と「曲阜」を合わせて「岐阜」とした。
・ 岐阜市の岐阜は、信長が命名する以前から「ぎふ」で、太古のアイヌ語の「枝川」をさしたという説もある。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

# 粘り強く誠実だが、保守的傾向もある。用心深く仕事をすすめるが、仕事のうえではほどほどに妥協することも多い。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「『ま、いいか』を信条に騒がず動かず 実直で勤勉な人生」。「名古屋から独立できない植民地」

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 美濃の部下は若いのに保守的。上司は、仕事は堅実にこなすが、周りの視線を気にする。
飛騨の部下は、とにかく勤勉実直。上司は保守的で頑固。
女性: 美濃の部下は、正直で地道にコツコツ努力する働き者。上司は勤勉で仕事にも意欲的だが、新しいことは苦手。
飛騨の部下は素直で、辛抱強く仕事をこなす。上司は男性に比べて柔軟で包容力もある。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 2156億円(依存度50.1%・全国30位)

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、岐阜県人は「他人のことには知らん顔だが、身内にはとてもあたたかい」だそうで、金持ち度は★★★★。
※ 美濃の人は価格意識が強い。飛騨の人は人間関係重視型。
※ 男性は、本心がわかりづらく付き合いにくく、むっつりスケベで浮気性。結婚後は亭主関白になりやすいが、つくす女性には弱い。女性は気さくで、恋愛には純情で慎重で遊びの対象にはならない。
・ 男: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★。
・ 女: リーダーシップ度★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 美濃国は、古くは「三野」と書かれた。
# 飛騨高山を築いた金森氏は転封により出羽国上山に移った。

# 世界遺産: 
# 故郷の味: 朴葉味噌

■ Topics

# 131009: 岐阜県関市の市立学校給食センターで大量の小バエが見つかる。
# 081031: 岐阜県内の9月の有効求人倍率は1.07倍。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示