石出帯刀吉深
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 石出帯刀吉深(よしみ)

・ 号: 常軒

・ 牢屋奉行

・ 明暦3年の振袖火事(明暦の大火)の際に、小伝馬町の牢屋には120人の囚人が収容されていたが、帯刀は囚人の一時御解き放しをした。その際に逃亡した囚人は数名だったという。

・ 牢屋奉行は正式には囚獄(しゅうごく)と言った。奉行とは名がつくが、その地位は奉行所与力以下だった。

・ 初代の石出帯刀は、もとは本多図書常政といい、天正年間から徳川家康に仕えていた。その後大番士に取り立てられ、家康から「星池」の名字を賜ったが、前に住んでいた地名の名字を願い出て石出氏を称することを許された。

【江戸の名奉行 43人の実録列伝 丹野顯 文春文庫】


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示