宮崎県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 飫肥藩(宮崎県日南市)

・ 伊東家5万1千石・外様

・ 飫肥藩の伊東家は豊臣秀吉から、日向国の飫肥5万1千石を賜ってから幕末まで1度も転封せずに、この地の領地を守った。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 佐土原藩(宮崎県宮崎市)

・ 島津家2万7千石・外様

・ 昭和天皇の五女の島津貴子さんの嫁ぎ先。

・ 江戸時代の各藩の財政難で、多くの藩は藩札を発行したが、佐土原藩もそうだったという。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 高鍋藩(宮崎県高鍋町)

・ 秋月家2万7千石・外様

・ 秋月家は播磨国の出で、太宰府の要職について、鎌倉時代に福岡県の秋月に住んだ。

・ 出羽国米沢藩上杉鷹山は秋月家から養子に入った。

・ 日向高鍋藩の秋月家。上杉鷹山の実家として有名だが、鷹山の兄の秋月種茂は日本史上初の「子ども手当」の創設者として有名。「農家の三人目からの子どもには1日米二合か麦三合を支給」というもので、人口の増加に寄与したと言われる。藩政改革に苦労した上杉鷹山は兄の改革が支えとなり、兄からの手紙で何度も励まされたという。

・ 幕末の藩主の秋月種殷の弟の種樹は、1862年に幕府の学問所奉行に命じられた。後に若年寄となった。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 延岡藩(宮崎県延岡市)

・ 内藤家7万石・譜代大名

・ 1747年に内藤家が入封。

・ 内藤家は三河国の出で、松平家に仕えた。 


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示