国巣・土蜘蛛
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 国巣(くず): 国巣(くず)とは、土地の言葉で、「土蜘蛛」とも言った。

■ 土蜘蛛(つちぐも): 朝廷に服従しなかった、辺境の民をいう。

・ 土蜘蛛の由来は「土にくぐるもの」「土に隠れるもの」。つまり「蜘蛛」は当て字なんでしょうねぇ。

・  風土記には地名伝承として多くの土蜘蛛の存在がかかれている。肥前国風土記の小城郡(おきのこおり)の項には、郡名の由来として以下のように書かれている。
「この地に土蜘蛛がおり、堡(おき・砦)を作って隠れて天皇の命に従わなかった。日本武尊の巡幸時にすべて滅ぼされた。よって小城郡と名付けた。」
【風土記謎解き散歩 新人物文庫】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示