二字佳名の詔
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 二字佳名の詔

・ 和銅6年(713年)に、元明天皇は「畿内七道諸国の郡郷には好字を用いよ」という詔を発した。「諸国の郷里の名は二字とし、必ず佳名を取れ」。

木の国 → 紀伊国

泉の国 → 和泉国

和(やまと)の国 → 大和国

襞(ひだ)の国 → 飛騨国

越の国 → 越前・越中・越後

毛の国 → 上野・下野

総の国 → 上総・下総

吉備(黍・きび)の国 → 備前・備中・備後

筑紫の国 → 筑前・筑後

火の国 → 肥前・肥後

豊(とよ)の国 → 豊前・豊後

・ 奈良時代の初めの713年に「諸国の郡・郷の名に好き字をつけよ」の「好字令」。

・ 平安時代の中頃の967年に「諸国の郡・里などの名は、二字を用い、かならず嘉名とせよ」の令。

・ 和銅6年(713年)の諸国郡郷名著好字令

このような動きは、郡や郷だけでなく、小地名や山川湖沼にもおよんだ。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示