参勤交代
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 参勤交代

・ 参勤交代は当初は「参覲(さんきん)」と書いた。「覲」は「まみえる」という意味で、諸大名が徳川将軍家に拝謁することを意味する。三代将軍の徳川家光のころに「参勤」と転字したらしい。

・ 武家諸法度の第二条に、「大名・小名在江戸交代、相定むる所なり」とある。「小名」とは5万石以下。

・ 水戸徳川家のように定府の大名や、譜代大名で幕府の役職(老中など)についている場合には参勤交代はなかった。

・ 肥前の平戸藩主松浦静山の「甲子夜話」によると、播磨国明石藩主の松平斉宣は、11代将軍の徳川家斉の子で、明石藩に養子にいった。松平斉宣の行列が木曽路を通過する際に、三歳の幼児が行列を横切り、それを切り捨てたという事件があった。これに怒った尾張藩は、御三家のメンツにかけて、「今後当家の領地を通行御無用」とした。しかし、明石から江戸に行くのには尾張藩領の通過は避けられず、しかたがないので尾張藩の領地内は行列を崩して、農民や町民に扮して通過したという。

・ 藩主専用の「厠駕籠(簡易トイレ)」も同道したという。

・ 通常は1年毎の江戸在府であったが、関東地方の譜代大名は6カ月毎の江戸在府、対馬藩は3年に1年の江戸在府、松前藩は5年に1年の江戸在府、水戸藩は江戸定府。

・  加賀前田家の行列は総勢2000〜4000人。加賀100万石の前田家の殿様が1818年の参勤交代で糸魚川宿に泊まった時の宿賃は200文。現代に換算すると、一泊二食付で約5000円。

・  薩摩藩士の参勤交代の費用は約1万5000両で藩財政の約5%をしめた。

・ 参勤交代の時期は決まっており、外様は4月、譜代は6月か8月。

・ 在府と在国は一年、関八州の大名は半年で2月と8月。

# 武家諸法度(1635年)の第二条に、「大名・小名在江戸交代、相定むる所なり」とある。
・ 寛永令では、「毎年夏四月参勤すべし」とある。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 交代寄合の参勤交代は義務ではなく、自発的なものだった。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 八代将軍吉宗は1722年に、「上げ米制」により、大名家1万石あたり米100石(約0.4%)の上納をもって、参勤交代を在府半年、在国1年半に緩和した。しかし、8年後には廃止された。まt1862年には3年に1度に緩和され、妻子の江戸定府の義務もなくなった。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 大名行列の人数は、10万石以下の藩では150〜300人、加賀藩前田家では2500人、最盛期には4000人。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 「下にー、下にー」のかけ声が許されたのは御三家の行列だけだった。他の大名は「片寄れー、片寄れー」とか「よけろー、よけろー」といった。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 飛脚と産婆は行列を横切っても許された。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

# 1808年の加賀の前田家の参勤交代の費用は総額332貫466匁(約5541両)。【超簡単!参勤交代 ビヨンドブックス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示