橘氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 橘(たちばな)氏: 「橘」の名字の由来

・ 代表家紋

・ 源平藤橘の四大姓氏のひとつ。

・ 姓(かばね)は「宿禰」から「朝臣」

・ 和銅元年(708年)に、敏達天皇の子孫の美努王の妻の県犬養三千代が、元明天皇から、天武朝以来の歴代の天皇の後宮に仕えた功績をたたえられ、杯に浮かぶ橘を賜わり、それにちなんで橘宿禰の姓を賜った。

・ 元明天皇が県犬飼宿禰東人の娘の美千代に、「橘は果物の王である。金色に輝き、宝珠のごとく美しい。まるでお前の姿とよく似ている。これからは橘と名乗りなさい。」と言ったのに由来する。

・ 橘氏は敏達天皇の子孫。美努王(みぬおう)の妻の県犬養三千代が元明天皇から橘宿禰の姓を賜って、その子の葛城王と佐為王の兄弟が天平8年(736年」に臣籍降下して橘氏を称した。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示