「忍坂」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 忍坂(おしさか): 奈良県。現在の桜井市忍阪付近に比定される。

・ 忍阪(おっさか): 「おしさか」「おさか」ともいい、押坂・践坂・忍嶝・男坂・意紫沙加・於佐箇・意佐加などとも書いた。
地名のオシは押・大の意で女寄峠にかけての長い坂道、または押し迫った地域という地形語に由来する。また神武東征の時敵軍がこの地に押寄せて来たことに由来するとか、天皇がこの地をお忍びで通ったためともいわれるが、神武伝説に付会した説であろう。【角川日本地名大辞典】

※ なんかの本で見たような気がするんですが、記録などにあらわれる一番古い地名が「忍坂」だったような気がします。  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示