慶長三陸沖地震
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1611年の慶長三陸沖地震

・ 慶長16年10月28日(1611年)。岩手県三陸沖を震源とするM8.1の地震。揺れによる被害は少なかったが津波被害が多かったとされる。相馬領では700人、仙台領では1700人の溺死者をだした。

【連鎖する地震、古文書に見る恐るべき民話の真実 高田秦 MBビジネス研究班】

・ まずはじめに慶長年間に三陸という表現はあったのだろうか?まぁいいけど(笑)

・ 東日本大震災と同じ海溝型地震でM8.1とも9とも言われる。

・ 2012年に国の産業技術総合研究所の発表では、北海道の根室、十勝沖を震源とするM8.9と推計。

・ 福島県の相馬中村城が破損、岩手県宮古市の田浦村海浜には20mを越す大津波が押し寄せた。

・ 記録に残る死者は仙台藩で1783人、津軽藩南部藩で人馬合わせて3千余、相馬中村藩では700。松前藩の資料では、蝦夷地でも多数のアイヌがなくなった。

・ 慶長三陸沖地震の8年後、肥後八代地震がおきた。八代の麦島城が倒壊し、死者も多数出た。肥後八代地震は活断層の内陸型地震でM6以上で震度6または7と推定される。

・ 肥後八代地震の同じ日に大分県竹田市の岡城が損壊した。6年後には熊本城が損壊する地震がおこり、さらに広島県や愛媛県でも地震が発生した。さらに8年後神奈川県の小田原で大地震があり100〜150人の死者が出た。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示