善光寺の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 善光寺の由来

前略
物部尾興が難波の堀江(運河)に新仏を捨てた。
信濃国本田善光がこの堀江を通りかかると、どこからか「善光、善光」と呼びかける声が聞こえた。すると、水の中から姿をあらわした阿弥陀如来様が、「そなたは月蓋、聖明王の生まれ変わりで有り、過去世(かこぜ)に我と共にあった者だ。我を信濃に連れて行くように」とおっしゃったという。そこで、善光は阿弥陀如来を背負って信濃に戻った。
中略
時の皇極天皇はこの仏像の人気を知り、阿弥陀如来様のための伽藍造成を命じた。そしてできたのが善光を開祖とする善光寺。

・ 仏像を捨てた堀江は大阪市藤井寺小山と比定されている。ここは河内国志紀郡長野郷と呼ばれており、「長野」の地名もここに由来すると言われる。

・ 善光寺の阿弥陀如来は百済から伝えられた最古の仏像。

・ 本田善光と息子の善佐は信濃の国司?

・ 6世紀に長野氏なる一族が河内から信濃に移り住んだ。長野氏は渡来人で高句麗・百済系。

・ 善光寺は百済寺ともいわれる。

# 流浪の旅のご本尊
・ 善光寺のご本尊は、武田信玄が川中島の戦いによる消失を懸念し甲府に移した。上杉謙信が直江津に移したという説もある。
武田家が滅亡後、織田信忠が岐阜に移した。
・ 信忠の死後は信勝が清洲に移した。
徳川家康が浜松に移し、その後甲府に戻した。
・ 京都の方広寺の大仏が地震で倒壊したので、甲府から京に秀吉が移したが、秀吉が重病となり「本尊が枕元にたって、信濃の地に戻りたい」といったので、信州の善光寺に戻した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示