大分県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 大分県の名字の特徴 ・ 大分県の代表家紋 ・ 大分県の地名集

# 旧豊後国豊前国の南部。

# 大分県: デルタ地帯にひらけた水田。「大き田」→「オオイタ」となった。
※ 別府: 国司のとりはからいで租税を免除されること。
・ 昔は「碩田(おおきた)」とよばれ、景行天皇が熊襲征伐の時に、この地方が肥沃でひろびろしていたので名付けた。
・ 大分市は江戸時代は府内と呼ばれた。明治時代に郡名をとって大分とした。

# 豊後国風土記によると「おおきた」が転じて「おおいた」になったという。景行天皇がこの地に来た際に「広大なる哉、この郡は。よろしく大き田と名づくべし」といった事に由来する。また「多き田」に由来するとも言う。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

# 柔軟性ゆたかで正直だが、物事にじっくり取り組むのは苦手。仕事に対して細かい工夫はできるが、人見知りで付き合い下手な面もある。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「協調性がなく個人主義 九州では異端の気風」。「協調性に乏しく愛郷心が薄い」

 PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 部下は話し下手で要領が悪いし、印象も地味なので、組織の中では評価されないことも。しかし、素直で真面目、信頼できる部下。上司は口数が少なく独断的なところが。
女性: 部下は控えめな性格だから、目立たないし出しゃばることもない。上司は柔軟性も行動力も兼ね備えている。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、大分県人は「なぜ同じ県民なのに、悪口を言って足を引っ張り合うのか」だそうで、金持ち度は★。
※ 男性は、人見知りが激しく、不器用で無口。感情表現がヘタで恋愛にも消極的。女性は、積極的だが、尻軽タイプでは無い。
・ 男: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 2180億円(依存度67.5%・全国11位)

# 読売テレビ: ケンミンSHOWより
・ 100121: 大分県大分市で大ブレイク!地産地消のクロ字商品とは!?

# 大友宗麟の所領は、豊前、豊後、日向、肥後、筑前、筑後、肥前から伊予にまで及んだ。  

■ その他

# 故郷の味: 

# 大分県の一部の地方の人たちは玖珠玖珠笑う。

# 大分県佐伯市宇目の国道326号線から日之影方面に延びる旧国道沿いに「ととろ」というバス停がある。由来はその地区の地名「轟(ととろ)」によるらしい。出典:「目からウロコ!日本地図の謎 廣済堂文庫」

■ Topics

# 081101: ナビスコカップ: 大分トリニータが清水エスパルスを破り初優勝。
# 081031: 大分県内の9月の有効求人倍率は0.84倍。

最終更新日 2017/10/17
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示