愛媛県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 愛媛県の名字の特徴 ・ 愛媛県の代表家紋 ・ 愛媛県の地名集

# 旧伊予国

# 愛媛県: 愛媛県とは古事記に「伊予の国を愛比売(えひめ)という」とあり、「エヒメ」は織物に優れた女性の意味なのだそうだ。織物が盛んだったのでしょうね。どうもそれが語源のようである。愛媛県は遠く離れ土地勘がないので、これ以上のコメントはできない(^_^;)
・ 大八洲国の国生みの時に二番目に生まれた国の名が伊予二名州(いよのふたなじま)で、そこの国土の守護神が愛媛。

# 松山市: 加藤嘉明はそれまで「勝山」といった地名を「松山(愛媛県)」と改めた。
・ 松山の街作りに際して河川改修工事を命じられたのが足立重信。

# 適応性に富み、まじめだが、決断力に欠ける面もある。思い立ったことはすぐ行動に移すが、だいじなことに対して慎重になりすぎる。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「野球拳発祥の地の住民は 楽天的でおっちょこちょい」。「人の話が終わらぬうちに駆け出す性格」

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 東予の部下は勤勉で粘り強い。上司は、仕事はできるし野心もある。
中予の部下は正直だが、仕事の厳しさや粘りに欠ける。上司はおっとりしている。
南予の部下は真面目で正直で実力もある。上司は陽気で単純で、おだてにのりやすい。
女性: 東予の部下は明るく気さく。上司は活動的で経営感覚もある。
中予の部下はのんびりタイプ。上司は、細かいことは気にしない姉御肌。
南予の部下はおおらかで情熱的。上司は新業務にも意欲的で、包容力がある。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、愛媛県人は「『ほどほど』が何より。中くらい人生好きの、人見知り」だそうで、金持ち度は★★。
※ 東予の男性は、惚れやすく、冷めやすく、浮気っぽい。中予は燃え上がるまで時間がかかる。南予は惚れたら一途。東予の女性は真面目で積極的。中予の女性は男に気軽に接しても恋愛には慎重派。南予は真面目で遊びと割り切れない。
・ 男: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 2123億円(依存度62.0%・全国18位)

# 読売テレビ: ケンミンSHOWより
・ 091105: 愛媛県今治市で大ブーム!福来たる!驚異のコラボとは!?

■ 愛媛県の歴史:
(1) 伊予松山藩(松平家・久松家): 家康の母お於の方の再婚先である久松氏に始まる。伊予国和気郡(松山市)15万石。

# 室町時代の守護は河野氏で道後の湯築(ゆづき)城を本拠とした水軍。

■ Topics

# 081108: 松山空港の2008年4-9月の利用者は前年同期比-3.0%。
# 081031: 愛媛県内の9月の有効求人倍率は0.82倍。
# 081026: 第32回全国育樹祭式典に皇太子さまが臨席。

 

最終更新日 2017/06/23
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示