和歌山県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 和歌山県の名字の特徴 ・ 和歌山県の代表家紋 ・ 和歌山県の地名集

# 旧紀伊国

# 和歌山県: 古くは「岡山」といわれた。紀ノ川河口の地形を表した。これが訛った。
・ 和歌浦に対して四方の丘を和歌山と称した。
・ 豊臣秀吉がこの地に築城したときに、和歌浦に対して和歌山と命名した。

# 和歌山は江戸時代には若山と書いた。

# 和歌山(わかやま): 天正13年豊臣秀吉が岡山、のち虎伏山ともいう砂丘性の丘陵に城郭築造を命じた際、南に位置する古来からの名勝「和歌浦」と対比して、「和歌山」と命名したという。なお、近世には若山とも表記され、「続風土記」は「若山或は和歌山とも書す。元禄年中、若山の文字に定めらる」と記し、元禄以後若山の表記を正式なものにしたとする。江戸期の文書・記録には若山の表記が一般的であるが、元禄年間から「若山」と表記することに定められたとする史料的根拠は不明。【角川日本地名大辞典】
・ 1585(天正13)年に豊臣秀吉が吹上の峰に城を築いた頃から「若山、弱山(わかやま)」と呼ばれはじめ、江戸後期には「和歌山」で統一された。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

# 「若山」とも書いた。この地は「海岸沿いにできた新しい村」という意味から「若の浦」と呼ばれた。また紀ノ川の河口沿いの地形を「岡山(おかやま)」と呼び、「わかやま」となったという説もある。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

# 楽天的で穏和だが、野心を表に出してすべて自己流になる傾向がある。陽気で仕事場によい雰囲気をつくるが、はめを外して独走することもある。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「紀南は素朴で情熱的 紀北は徳川由来の勤倹貯蓄」。「温暖な『山の国』にはいられないと逃げ出す人々」

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 紀北の部下は勤勉。上司は、いい意味でも悪い意味でも情熱的。
紀南の部下は大ざっぱなところがあるが、真面目で勤勉。上司は仕事より人間性を評価。
女性: 紀北の部下は、気が強く、男っぽい人が多い。上司はグチをこぼすこともない頑張り屋。
紀南の部下は、情に厚く純朴。上司は行動力がある。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、和歌山県人は「一見おおらか、お人好しだが、利にさとい一面もあり」だそうで、金持ち度は★★。
※ 男性は早熟で感情に率直で結婚は早いが飽きっぽいのが難点。女性は恋愛には受け身で情にほだされやすく周囲が反対するような男とくっつきやすい。
・ 男: リーダーシップ度★★★★、真面目度★★★★、創造性度★★★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 2004億円(依存度69.1%・全国8位)

# 南紀は紀伊半島の南部という意味だそうです。しかし、和歌山県の区分は紀北、紀中、紀南だそうです。奈良県は和南って、言ったかな?近畿地方の天気予報ではよくでてくる用語なのかな?

■ 和歌山県の歴史

# 徳川家康の十男頼宣が藩祖で徳川御三家。紀伊国名草郡(和歌山市)55万5000石で明治維新を向かえる。

# 紀伊国の語源は木の国と言われる。
# 全国の鈴木家の本家にあたるのが、和歌山県海南市の藤白神社を本拠として熊野八荘司の一つであった鈴木家である。
# 紀州は豊臣秀長後、桑山氏、浅野氏を経て紀州徳川家となった。
# 和歌山県すさみ町は、以前は周参見と書いた。

■ その他

# 故郷の味: めはり寿司

# 和歌山城って緑色?石垣は緑泥片岩(りょくでいへんがん)を使用。屋根は銅板葺きで緑青。

■ Topics

# 140928: 和歌山県日高郡みなべ町で、「梅干しを使ったおにぎり」を奨励する条例が可決。
# 081110: 10:31頃和歌山県北部を震源としたM4.2の地震。新宮市で震度3を記録。
# 081031: 和歌山県内の9月の有効求人倍率は0.84倍。
# 081021: 那智勝浦町の「ぶつぶつ川」(13.5m)」が2級河川として指定。日本一短い川とか。

最終更新日 2017/10/17
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示