福井県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 福井県の名字の特徴 ・ 福井県の代表家紋 ・ 福井県の地名集

# 旧越前国若狭国

# 福井県: 城下を流れる足羽川(あすわがわ)を「福の多い川」に見立て、川の意味のある「井」の字をあてて福井。
# 松平忠昌はそれまで北の庄と、呼ばれてていたのを「ふくい」と改名した。北の庄の中心には「福」という地名があり、当初は「福居」と書いたが、後に福井となった。

# 才覚があり粘り強いが、交際下手の面もある。情報通で商売上手だが自己の利害を第一に考える面もある。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「保守的で争いごとが嫌い 目端がきいて商売上手」。

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 部下は要領のいい頑張り屋。上司は忍耐強いし思慮深く、長期的な視野もある。
女性: 部下は気が強く負けず嫌いで辛抱強い。上司は父親が経営者の人が多く経営感覚もしっかりで、判断力も決断力もある。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 1529億円(依存度59.8%・全国21位)

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、福井県人は「俺が、俺がの目立ちたがり。『詐欺師』よばわりされる要領の良さ」だそうで、金持ち度は★★★。
※ 大阪に近いせいか、大阪商人気質を持つタイプが多く一筋縄ではいかず、価格意識タイプが多い。
※ 男性は、女性にマメで惚れると一気におしまくるが計算高い。女性は恋愛には意外に積極的だが、結婚すると浮気には寛容?
・ 男: リーダーシップ度★★★★★、真面目度★★★★、創造性度★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★★★、真面目度★★★★、創造性度★★★、恋愛上手度★★★。

# 丸岡出身の西ゆうじ原作のコミックの「家庭の事情」。主人公である大手商社の営業部長の中村修平の実家は福井県の丸岡。父親は丸岡で中村木材の社長をやっているが、その父親が自分のことを「うら」と言っている。なお複数形は「うらら」になるらしい。

# 越国: 昔、北陸から新潟にかけては、「越国(こしのくに)」と呼ばれていた。語源は、京からみて「日本アルプスを越した、向こう側」という意味だそうだが、「日本アルプス」って昔はなんといったんだろう?個人的には、「琵琶湖を越した」という意味のような気もするが。
# 若狭国はかつては「御食国(みつけくに)」と呼ばれ、朝廷に対する食料供給地の役割を果たした。
# 若狭(わかさ): 古代朝鮮語で、「来て行く」の意味をもつ「ワカソ」由来。朝鮮半島から南下すると対馬海流に乗って若狭にたどり着くので、古代に朝鮮半島からこのあたりに渡来人が来たものと思われる。

■ その他

# 故郷の味: 越前蕎麦

■ Topics

# 081031: 福井県内の9月の有効求人倍率は1.10倍。

最終更新日 2017/10/02
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示