千葉県
参考資料・文献 利用上の注意
都道府県名の由来Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 千葉県の名字の特徴 ・ 千葉県の代表家紋 ・ 千葉県の難読地名・珍地名 ・ 千葉県の地名集

# 旧安房国上総国下総国の大部分。

# 千葉県: 茅(ちがや)が生い茂っていたので「茅生(ちぶ)」と呼ばれ訛った。
* 他説: 葛の葉が生い茂った土地や、千葉氏の羽衣伝説に由来するという説もあるようだ。
# 千葉県: 和名抄によると、「原野多ク、葛藤ノ繁茂セル」に由来する。

# 千葉(ちば): 千葉県千葉市
・ 草木が茂って、葉が多く重なる意味ともいうが疑問。「チバ」は崩壊しやすい地や浸食の激しい地にみられる地名。「ツバユ(潰れる)」などと関係するか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

# 明るく好奇心が強いが、熱しやすく冷めやすい面もある。よい人間関係の中では実力以上の働きをするが、飽きっぽい面もある。【知っておきたい日本の県民性 武光誠著より】

# 「出身県でわかる人の性格」によると: 「南京豆と潮干狩りの国 モラルに無頓着、マナーが悪い」。「埼玉と同類の扱いを何より嫌う」

# PRESIDENTの「県民性の法則」で、人付き合いの達人になる、によると:
男性: 北部の部下は、何事もソツがないが、いわれないとやらないところがある。上司はフランクにつきあえばよいが、野心があるので、ミスをするとうるさい。
南部・東部の部下は協調性はあるが、のんびりしていて、ツメが甘く細かいミスも。上司は楽天的で緻密さに欠ける。
女性: 北部の部下は、おおらかで明るい。上司は「ミニキャリアウーマン」。
南部・東部の部下は天真爛漫タイプの頑張り屋。上司は仕事も遊びも一生懸命の姉御肌タイプ。

# 出世・結婚・お金は「県民性」で9割決まる(PRESIDENT+PLUS 2009年12月28日)によると、千葉県人は「東京ディズニーランドとウォーターフロントが心のよりどころ」だそうで、金持ち度は★★★★★。
※ 北部の人は商売人というよりサラリーマン。南部・東部はワンマン社長的な要素が強いが向上心には乏しい。どちらも東京志向が強い。
※ 男性は甘ったれが多く、姉御肌の女性が合っている。熱しやすく冷めやすく、浮気性なので遊び相手としては良いが、結婚には相手の性格をよく見て。女性は誰とでも気楽に付き合う発展家が多い。男性と一緒で、熱しやすく冷めやすい。
・ 男: リーダーシップ度★★、真面目度★★★★、創造性度★★★★★、恋愛上手度★★★。
・ 女: リーダーシップ度★★★、真面目度★★★★、創造性度★★★★、恋愛上手度★★★★。

# 地方交付税(総務省「平成14年度」データ: 2669億円(依存度32.1%・全国42位)

# 読売テレビ: ケンミンSHOWより
・ 100527: 柏市に住む千葉県民は、夕方に流れる『夕焼け小焼け』のことをパンザマストと言う!?

■ 千葉県の秘密、な〜んて、単なる雑学

# 千葉県内の最大雨量: 1997/10/27に、千葉県香取市で一時間雨量153ミリを記録。たぶん日本一。
# 千葉県出身の有名人: 中尾彬、猫ひろし、前田敦子、マツコ・デラックス
# 千葉県の平均標高は45mで、二位の沖縄県の82mを押さえて日本一低い。県全体で、標高100m以下の地域が85%を占める。仮に、海面の高さが10m上昇すると、千葉県は太平洋に浮かぶ島となる。
# 明治時代に開墾した順番をつけた地名
・ 初富(はつとみ): 鎌ヶ谷市
・ 二和(ふたわ): 船橋市
・ 三咲(みさき): 船橋市
・ 豊四季(とよしき): 柏市
・ 五香(ごこう): 松戸市
・ 六実(むつみ): 富里市
・ 七栄(ななえ): 富里市
・ 八街(やちまた): 八街市
・ 九美上(くみあげ): 香取市
・ 十倉(とくら): 富里市
・ 十余一(とよいち): 白井市
・ 十余二(とよふた): 柏市
・ 十余三(とよみ): 成田市・多古町
# 椿海(つばきのうみ)
この地に邪神が住む椿の大木があったが、香取の神が、邪神もろとも椿の大木を東方の海中に捨ててしまった。そして、その後に水が溜まって湖となった。江戸時代に干拓されて今は無い。
# 紀州の鯛釣り漁師が黒潮に乗って鯛を釣りながら北上してこの地に住み着いた。そこで、故郷の紀州を偲んで、白浜、勝浦、網代、石船などの紀州の地名をつけた。
# 月影の井戸: 日本三井の一つで、印西市浦部にある。「伝に曰く、大菅(おおすが)豊後守の水行場と、又月かげの井を称して。鎌倉星の井、奥州二本松の日の井と共に、日本三井の一なりと云。」
# 安房神社の洞窟出土頭骨
・ 昭和4年に千葉県館山市の安房神社境内の井戸掘り中、洞窟が見つかり、中から22体の人骨が発見された。このうち15体の口腔内には、なんらかの目的をもって歯を抜いた痕跡が見られた。
・ 日本における抜歯習俗は縄文中期から弥生時代にみられ、上顎第二門歯の片側を抜いたのが縄文中期。縄文後期には両側を抜くように、また晩期には犬歯を抜いた例がみられた。
・ このような抜歯のケースは北は秋田県能代市から南は鹿児島県徳之島まで見られる。
・ なお、古代の香港でも抜歯習慣がみられ、台湾の山岳民族でも最近まで抜歯習慣がみられ、日本の抜歯文化は南方から伝わってきたものとも言われる。
【千葉県謎解き散歩A 新人物文庫】

■ 千葉県の歴史:

(1) 佐倉藩(堀田家): 下総国印旛郡(佐倉市)11万石。
(2) 関宿藩(久世家): 下総国葛飾郡(野田市関宿)4万8000石。
(3) 久留里藩(黒田家): 上総国望陀郡(君津市久留里)3万石。
(4) 大多喜藩(大河内家): 上総国夷隅郡(大多喜町)2万石。
(5) 飯野藩(保科家): 上総国周准郡(富津市下飯野)2万石。
(6) 鶴牧藩(水野家): 上総国市原郡(市原市推津)1万5000石。なんでも、この地にはもともと鶴巻という地名は無いが、江戸屋敷があった早稲田鶴巻由来とか。
(7) 多古藩(松平家): 下総国香取郡(多古町)1万2000石。
(8) 生実「おゆみ」藩(森川家): 下総国千葉郡(千葉市中央区生実町):1万石。
(9) 請西「じょうせい」藩(林家): 上総国望陀郡(木更津市請西):1万石。
(10) 一宮藩(加納家): 上総国長柄郡(一宮町)1万3000石。藩祖は紀州徳川家の家臣で吉宗の守り役。
(11) 佐貫藩(阿部家): 上総国天羽郡(富津市佐貫)1万6000石。
(12) 勝山藩(酒井家): 安房国平郡(鋸南町勝山)1万2000石。
(13) 館山藩(稲葉家): 安房国安房郡(館山市)1万石。
(14) 高岡藩(井上家): 下総国香取郡(成田市高岡)1万石。
(15) 小見川藩(内田家): 下総国香取郡(香取氏小見川)1万石。

# 安房: 阿波(徳島県)からの移民が多い。なぜ?歴史的背景。
# 上総: 「かみつふさ」→「かづ(ず)さ」

■ その他

# 故郷の味: さんが焼・いわし料理

■ Topics

# 150408: 千葉県銚子気象台で降雪を確認。今までの遅い降雪は1925年4月6日だったそうだから、90年振りに更新か。
# 140924: 千葉県の調査によると、平成25年の県内の地盤沈下面積は約2040平方Kmで前年の約2倍。前年は東日本大震災の地殻変動の影響で隆起した場所が多かった。最大は長生村本郷の2.41cm。君津地区は調査対象の約96%で沈下、九十九里地区も天然ガスの採掘のせいか約7割で沈下。隆起が一番大きかったのは横芝光町木戸の1.84cmで東日本大震災の震源に近い外房地区での隆起が多かった。
# 100924: 家庭用ゴミの収集見直しをしてから11カ月を経過する千葉市で、焼却ゴミは前年比約12,000トン(6.4%)削減。資源ゴミの回収量は約1.7倍。
# 090614: 千葉市長選挙で初当選した熊谷俊人氏(31才)は三重県松阪市の山中光茂氏(33才)を抜いて、全国最年少市長。政令指定としては、たしか史上最年少?
# 090329: 千葉県知事選挙で無所属の森田健作氏が初当選。
# 081031: 千葉労働局: 千葉県内の9月の有効求人倍率は0.76倍。
# 081027: 銚子市病院事業あり方検討委員会: 来春の再開は困難。

最終更新日 2017/10/02
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示