宮城県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 宮城県の県名の由来 ・ 宮城県の難読地名・珍地名 ・ 宮城県の地名集

★ 宮城県の名字の特徴

# 東北地方の名字分布を凝縮したパターン。

# 宮城ならではの名字: 「菅原」「遠藤」「小野寺」「今野」「早坂」「大友」など。

# 宮城の菅原氏菅原道真末裔を称す。

# 阿部の名字は、実数でも人口比でも宮城県が全国一位。

# 「小山」は全国的には「こやま」と読むが、宮城県内では「おやま」と読む。

# しょうじ: 庄司という名字、宮城県内では庄子が多く、特に仙台市内に八割集中していると言われる。たしか、山形市内にも庄子電気って昔あったが、たしか宮城の会社だったかな?

【宮城県らしい名字】

・ 大槻(おおつき): 地名にもあるが、仙台藩士を祖とする。

・ 志賀(しが): 仙台藩の藩医。

・ 丹野、赤間、若生中鉢、三塚、留守秋保(宮城県では「あきう」だが、山形県内では「あきほ」)、なども宮城県らしい名字。

・ 宮城県特有の名字集

■ 宮城県ゆかりの名字

・ 伊達(仙台市に多い)、宮城(宮城郷をルーツとし、蔦紋、剣片喰紋)、古川(新田氏族で大崎氏に仕えた。剣片喰紋、桐紋)、角田(根笹紋、鷹の羽紋、三つ巴紋)、一力(仙台市にみられ、万園茶舗の万の漢字を分解した)、百足(むかで、仙台市、登米市、田尻町、岩沼市にみられる)、柴田(丸に九枚笹紋、丸に三つ星紋、丸に結び雁金紋)、冨谷(丸に木瓜紋)、大崎(五三桐紋、丸に違い鷹の羽紋)、愛子、亘理(桓武平氏の千葉氏流で千葉常胤の三男の武石胤盛が伊具、宇多、亘理の三郡を領して亘理氏を称した。一二三(ひふみ、仙台市や石巻市に見られる)、白松(加美郡を中心に、モナカを売り出すにあたって、夢枕に枝振りのよい白松だったので、早坂を白松に改めた。)、大学(仙台市にみられる)、四月一日(仙台市に見られる)。【日本の苗字 「歴史」編集部 新人物文庫】

■ 宮城県の特徴的名字: 庄司、菅原、今野、星、菊地、菊田、菅野、大槻、針生、小野寺。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】
* 「星」は福島県の特徴的な名字と思ったが、違ったかな? 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 佐藤(さとう)(約7%): 宮城県の佐藤家

■ 2位: 高橋(たかはし)(約4%)

■ 3位: 鈴木(すずき): 宮城県の鈴木家

■ 4位: 佐々木(すずき)

■ 5位: 阿部(あべ)

■ 6位: 千葉(ちば)

■ 7位: 伊藤(いとう)

■ 8位: 菅原(すがわら)

■ 9位: 渡辺(わたなべ): 宮城県の渡辺家

■ 10位: 斎藤・斉藤(さいとう): 宮城県の斎藤家

■ 11位: 遠藤(えんどう): 宮城県の遠藤家

■ 12位: 三浦(みうら)

■ 13位: 小野寺(おのでら)

■ 14位: 加藤(かとう)

■ 15位: 菊池(きくち)

■ 16位: 木村(きむら)(0.8%)

■ 17位: 今野(こんの)

■ 18位: 及川(おいかわ): 宮城県の及川家

■ 19位: 熊谷(くばがい)

■ 20位: 吉田(よしだ)


■ 青山(あおやま): 宮城県の青山家

■ 秋保(あきう): 宮城県の秋保(あきう)家

■ 蘆名・芦名(あしな): 宮城県の芦名家

■ 姉歯(あねは): 宮城県の姉歯家

■ 砂金(いさご): 宮城県の砂金家

■ 石垣(いしがき): 宮城県の石垣家

■ 石川(いしかわ): 宮城県の石川家

■ 石田(いしだ): 宮城県の石田家

■ 石母田(いしもだ): 宮城県の石母田家

■ 泉(いずみ): 宮城県の泉家

■ 泉田(いずみだ): 宮城県の泉田家

■ 市場(いちば): 宮城県の市場家

■ 一力(いちりき): 宮城県の一力家

■ 伊東(いとう): 宮城県の伊東家

■ 猪飼(いのかい): 宮城県の猪飼(いのかい)家

■ 上野(うえの): 宮城県の上野家

■ 氏家(うじいえ): 宮城県の氏家家

■ 内海(うつみ、うちみ、うちうみ): 宮城県の内海家

■ 大崎(おおさき): 宮城県の大崎家

■ 大立目(おおだつめ): 宮城県の大立目家

■ 大町(おおまち): 宮城県の大町家

■ 大松沢(おおまつざわ): 宮城県の大松沢家

■ 岡村(おかむら): 宮城県の岡村家

■ 葛西(かさい): 宮城県の葛西家

■ 笠原(かさはら): 宮城県の笠原家

■ 片倉(かたくら): 宮城県の片倉家

■ 片平(かたひら): 宮城県の片平家

■ 勝田(かつた): 宮城県の勝田家: 仙台藩医

■ 上遠野(かどおの): 宮城県の上遠野(かどおの)家

■ 金成(かんなり): 宮城県の金成家

■ 木戸(きど): 宮城県の木戸家

■ 久我(くが): 宮城県の久我家

■ 黒木(くろき、くろぎ): 宮城県の黒木家

■ 高屋(こうや): 宮城県の高屋家

■ 国分(こくぶん): 宮城県の国分(こくぶん)家

■ 小西(こにし): 宮城県の小西家: 仙台城下の豪商。

■ 小梁川(こやながわ): 宮城県の小梁川家

■ 斎藤(さいとう): 宮城県の斎藤家

■ 佐々(さっさ、ささ): 宮城県の佐々(さっさ)家

■ 真田(さなだ): 宮城県の真田家

■ 三宮(さんのみや、さんみや、さんぐう): 宮城県の三宮家

■ 三分一所(さんぶいっしょ): 宮城県の三分一所(さんぶいっしょ)家

■ 志賀(しが): 宮城県の志賀家

■ 柴田(しばた): 宮城県の柴田家

■ 白石(しらいし、しろいし): 宮城県の白石家

■ 白河(しらかわ): 宮城県の白河家

■ 関口(せきぐち): 宮城県の関口家: 仙台城下の旧家。

■ 瀬上(せのうえ): 宮城県の瀬上家

■ 蘇武(そぶ): 宮城県の蘇武家

■ 高泉(たかいずみ): 宮城県の高泉家

■ 高玉(たかだま): 宮城県の高玉家

■ 高野(たかの): 宮城県の高野家

■ 但木(ただき): 宮城県の但木家

■ 只野(ただの): 宮城県の只野家

■ 伊達(だて): 宮城県の伊達家

■ 玉手(たまて): 宮城県の玉手家

■ 田母神(たもがみ): 宮城県の田母神家

■ 天童(てんどう): 宮城県の天童家

■ 富田(とみた): 宮城県の富田家

■ 中井(なかい): 宮城県の中井家

■ 中島(なかじま): 宮城県の中島家

■ 中目(なかのめ): 宮城県の中目家

■ 中村(なかむら): 宮城県の中村家

■ 西大篠(にしおおえだ): 宮城県の西大篠家

■ 支倉(はせくら): 宮城県の支倉家

■ 早川(はやかわ): 宮城県の早川家

■ 古内(ふるうち): 宮城県の古内家

■ 保土原(ほどはら): 宮城県の保土原家

■ 堀越(ほりこし): 宮城県の堀越家

■ 本多(ほんだ): 宮城県の本多家

■ 松坂(まつざか): 宮城県の松坂家

■ 松根(まつね): 宮城県の松根家

■ 三沢(みさわ): 宮城県の三沢家

■ 村田(むらた): 宮城県の村田家

■ 本宮(もとみや): 宮城県の本宮家

■ 茂庭(もにわ): 宮城県の茂庭家

■ 森田(もりた): 宮城県の森田家

■ 守屋(もりや): 宮城県の守屋家

■ 八島(やしま): 宮城県の八島家

■ 梁川(やながわ): 宮城県の梁川家

■ 山本(やまもと): 宮城県の山本家

■ 留守(るす): 宮城県の留守家

■ 脇坂(わきさか): 宮城県の脇坂家: 播磨の脇坂家の一族。

■ 若生(わこう): 宮城県の若生家


■ 宮城県の地名をルーツとする名字

■ 東北地方の名字の特徴

■ 宮城県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示