青森県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 浅虫(あさむし): 青森県青森市浅虫
・ 古くは麻蒸(あさむし)と書き、温泉の熱で麻を蒸したことに由来する。またアイヌ語の「アサム・ウシ(湾の奥)」に由来するともいわれる。

■ 後萢(うしろやち): 青森県青森市

■ 狼森(おいのもり): 青森県弘前市
・ 東北地方には「狼」の字のつく地名が多いそうだが、山形県には無いと思うがなぁ。
・ 昔は「狼」を「おいぬ」「おいの」「おい」と読んでいた。狼=犬という感じですね。

■ 大間(おおま): 青森県下北郡大間町大間

■ 大間越(おおまごし): 青森県西津軽郡深浦町大間越
・ 地名の由来は、大間が船の出入りする大きな入江を意味し、藩境の峠を越す道もあるので「大間越」となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 大鰐(おおわに): 青森県大鰐町

■ 小国(おぐに): 青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国。地名は、山間部に位置しているため、地形上まとまった小さい別天地という意味で小国の名があるという。【角川日本地名大辞典】

■ 恐山(おそれざん): 青森県
・ かつては「宇曾利山(うそりやま)」と呼ばれた。慈覚大師が山中で修行をしていたときに、1羽の鵜が飛んできた。鵜を追っていった慈覚大師が山と湖をみつけ「宇曾利山」と「宇曾利湖」と名付けた。

■ 鬼袋(おにふくろ): 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町鬼袋町

★ 

■ 風合瀬(かそせ): 青森県西津軽郡深浦町風合瀬

■ 王余魚沢(かれいざわ): 青森県青森市

■ 唐牛(かろうじ): 青森県南津軽郡大鰐町唐牛(かろうじ)

■ 金田一(きんたいち): 青森県三戸郡南部町鳥谷(とや)金田一
地名の金田一は「きんたいち」と濁らない。
・ 金田一は金田市ともかかれ、「山の中」という意味のアイヌ語の「キンタ」に由来すると言われる。つまり、「山の中の市場」を意味する。ただ「キンタ」はアイヌ語で「いち」は日本語というのは腑に落ちない。

■ 黒石(くろいし): 青森県黒石市
・ 地名の由来は、往古蝦夷の住んでいる所を「くじす」「くにす」などと呼び、それが転訛して黒石となったといわれるが、詳細は不明。【角川日本地名大辞典】

■ 五所川原(ごしょがわら): 青森県五所川原市

★ 

■ 桜庭(さくらば): 青森県弘前市桜庭。森山の南、岩木川上流左岸に位置する。地内には、縄文時代の遺跡として、平山館遺跡があり、同館跡はチャシでもあるという。また中世の城館として桜庭館跡があり、桜庭太郎左衛門信正の居住したところといわれている。「津軽一統志」によれば、桜庭山陽光院の由緒書に、藤氏支流桜庭良正(のち信正と改名)が奥州南部から来た時、大浦為則の幕下にはいり桜庭村を領したというが、その時期については不明。【角川日本地名大辞典】

■ 哘(さそう): 青森県上北郡七戸町天間館

■ 三内丸山遺跡: 青森県
・ アイヌ語の「サン(流れる)」+「ナイ(川)」に由来する。【古代史が面白くなる「地名」の秘密 八幡和郎 洋泉社】

■ 算用師峠(さんようしとうげ): 青森県
・ 北津軽郡小泊村字片刈石(かたかりいし)(傾り石)と東津軽郡三厩(みんまや)村との境界にある峠。標高は372m。傾り石と三厩村算用師を結ぶ算用師越えと呼ばれる山道が通り、同道が矢形石山を中心とする中山山地再北端部山塊の脊梁と交わる所に位置する。【角川日本地名大辞典】

■ 尻労(しっかり): 青森県下北郡東通村

■ 十三(じゅうさん): 旧陸奥国青森県)十三湖。青森県五所川原市十三。昔は「とさ」と呼んだ。十三の語源については諸説があり、「とさ」はアイヌ語で、「と」は湖溜水、「さ」は海辺近く広がる意という。また、「とさ」が「じゅうさん」となったのは、弘前藩3代藩主津軽土佐守信義の土佐守をはばかったためともいわれている。「じゅうさん」説として、弘仁年間頃の俘囚爾散南(にさなん)の転訛とする説もある(地名辞書)。また昔この地にあった熊野信仰に関係する十三塚に起源を求める説や、この湖に注ぐ川が13数えられることによるとする説などかもある。【角川日本地名大辞典】
・ 十三湊(とさみなと): 室町時代から見える湊の名前。

★ 

■ 津軽(つがる): 青森県
・ 「つがろ」ともいい、津刈・都加留・津賀路・東日流とも書いた。青森県西半部の総称。【角川日本地名大辞典】

■ 十三湊(とさみなと): 青森県五所川原市
・ 中世に青森県の十三湖のあたりにあった湊。
・ 十三湊(とさみなと)の「とさ」は、アイヌ語で「沼の広がった所」の意味。という説もある。

■ 豊島(としま): 青森県北津軽郡中泊町豊島(とよしま)
・ 「とよしま」ともいう。津軽平野北部、岩木川の下流と鳥谷川の間に位置し、岩木川の形成するデルタの微高地に集落が立地する。【角川日本地名大辞典】

■ 驫木(とどろき): 青森県西津軽郡深浦町驫木

★ 

■ 撫牛子(ないじょうし): 青森県弘前市

★ 

■ 階上(はしかみ): 青森県三戸郡階上町

■ 鼻和(はなわ): 青森県弘前市鼻和
・ 地名の由来は、鼻和郡・鼻和庄にちなむという説、村上天皇の時代に郡主の男、花和歌が住んでいたことにちなむという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 東通(ひがしどおり): 青森県下北郡東通村
・ 北浜街道の別称の「東通り」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ かつては、役場は地勢・交通などの関係から戸長役場以来現在まで隣地むつ市小川町に置かれていた。こういった状況は諸島地域(竹富町役場が石垣市にある)ではまれに見られるが、本土としては非常時珍しかった。

■ 備前町(びぜんまち): 青森県弘前市に江戸時代前期に見られた町名で弘前城郭内の武家屋敷地の1つ。地名の由来は、改易となった備前国浮田(宇喜多)秀家の家臣が津軽家に召抱えられ、当地に居住したことにちなむといわれ、旧浮田家の家臣として久保田数馬・渡辺作石衛門らが知られる。ただし、絵図類には侍町とのみ記されて町名は記されていないことから、町名は通称として存在していたとも考えられる。後に郭外へ移転した。【角川日本地名大辞典】
・ 江戸幕府はキリシタンを取り締まった。備前国岡山の宇喜多秀家はキリシタン大名で、関ヶ原の戦いの後に秀家は八丈島に流された。慶長18年(1613年)に旧宇喜多家の家臣のキリシタン66名がまとまって津軽藩に流罪となり、弘前城の三の丸においた。後にその地が「備前」と呼ばれるようになった。他に足尾銅山(備前山)などにも宇喜多家のキリシタンが流された。

■ 弘前市(ひろさき): 青森県弘前市
・ 以前は「高岡」「鷹岡(鷹ヶ岡)」だったが、1628(寛永5)年に「弘前」と改称したと伝えられる。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 福地(ふくち): 青森県三戸郡南部町(旧福地村)

■ 艫作(へなし): 青森県西津軽郡深浦町舮作

■ 戸来(へらい): 青森県三戸郡新郷村戸来

★ 

■ 水喰(みずはみ): 青森県上北郡東北町。

■ 三ツ目内(みつめない): 青森県南津軽郡大鰐町三ツ目内。平川の支流、三ツ目内川の下流域に位置する。

■ 三厩(みんまや): 青森県
青森県の津軽半島の北端の三厩。
源義経は奥州衣川で討ち死にしたが、生き延びたという義経伝説は沢山存在する。
その一つが、北海道に落ち延びたとする説で、この地から三頭の龍馬に乗ったということに由来する。

■ 雲谷(もや): 青森県青森市

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示