北海道の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 北海道の地名の特徴

★ 

■ 赤平(あかびら): 北海道赤平市

■ 秋田(あきた): 北海道常呂郡置戸町秋田。地名は、秋田県からの開拓移住者が多いことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 秋田(あきた): 北海道枝幸郡中頓別町秋田。地名は、明治45年秋田県からの集団入植があったことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 網走(あばしり): 北海道網走市

■ 安足間(あんたろま): 北海道上川郡愛別町字愛山の安足間駅

■ 幾寅(いくとら): 北海道空知郡南富良野町幾寅
・ 地名の由来は、アイヌ語のユクトラシュペツ(鹿が越える大きな川)によるとする説、またユ・トラシ(鹿が登る所)にちなむとする説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 一己(いっちゃん): 北海道深川市
・ アイヌ語の「イチャン(鮭・鱒の産卵穴)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ 「イ・チャン(鮭などの産卵する場所)」【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 今金町(いまかねちょう): 北海道瀬棚郡今金町
・ 昭和22年に町に昇格する際に、利別村から今金町とした。町名は開拓功労者の今村藤次郎の「今」と、金森石郎の「金」を併せた。【日本全国 合成地名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 色内(いろない): 北海道小樽市色内。「イ(そこの)」+「ルーエ(足跡)」+「ナイ(川)」。熊の足跡の意味。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 岩手(いわて): 北海道枝幸郡中頓別町岩手。地名は、明治45年岩手県からの集団入植があったことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 岩内(いわない): 北海道岩内郡岩内町
・ アイヌ語の「イワウ(硫黄)」+「ナイ(川)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「イワヲナイ(硫黄のある川)」・「イェオナイ(軽石の多い川)」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 宇曽丹(うそたん): 北海道枝幸郡浜頓別町宇曽丹

■ 歌志内(うたしない): 北海道歌志内市

■ 歌棄(うたすつ): 北海道古平郡古平町歌棄町・北海道寿都郡寿都町歌棄町
・ 古くは,おたすつつ・ヲタスツ・ヲタシュツ・ウタシツなどともいった。後志(しりべし)地方西部、寿都(すつつ)湾に面する。地名は、アイヌ語のオタシュッナイ(砂傍川の意)に由来するとも、ヲタシユツシナイ(砂浜の終りの意)に由来するともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 宇登呂(うとろ):  北海道斜里郡斜里町ウトロ

■ 宇摩(うま): 北海道深川市宇摩。明治30年に愛媛県宇摩郡から40戸が移住した。しかし、本家の宇摩郡は今はもう無い。

■ 浦臼(うらうす): 北海道樺戸郡浦臼町

■ 江差(えさし): 北海道檜山郡江差町

■ 江丹別(えたんべつ): 北海道旭川市江丹別町
・ 江戸期から見える地名。地名の由来には、アイヌ語のエタン・ペッ(漂う川の意)により、アイヌの舟が転覆して漂ったことにちなむ説、エタンネペツ(頭の長い川の意)による説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 恵庭(えにわ): 北海道恵庭市

■ 襟裳(えりも): 襟裳岬

■ 遠軽(えんがる): 北海道紋別郡遠軽町

■ 送毛(おくりげ): 北海道石狩市浜益区送毛。アイヌ語の「ウクルキナヘ(アイヌ民族の食用植物)」が転訛した。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 興部(おこっぺ): 北海道紋別郡興部町

■ 於札内川(おさつないかわ): 北海道石狩市。アイヌ語の「オ(そこの)」+「サツ(乾いた)」+「ナイ(川)」。夏になると枯れる水無川。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 長万部(おしゃまんべ): 北海道山越郡長万部町

■ 忍路子(おしょろっこ): 北海道紋別郡西興部村忍路子 

■ 晩生内(おそきない): 北海道樺戸郡浦臼町晩生内

■ 小樽(おたる): 北海道小樽市

■ 音威子府(おといねっぷ): 北海道中川郡音威子府村

■ 乙部(おとべ): 北海道爾志郡乙部町

■ 鬼脇(おにわき): 北海道利尻郡利尻富士町鬼脇

■ 面白内川(おもしろないかわ): アイヌ語の「オ(そこの)」+「モシリ(島・洲)」+「オ(ある)」+「ナイ(川)」。中洲のある川。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ オンネトー湖: 北海道足寄郡足寄町
・ 「オンネ(古い)」+「ト(沼)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 帯広(おびひろ): 北海道帯広市

★ 

■ 川汲(かっくみ): 北海道函館市川汲町。アイヌ語の「カコック(カッコウ鳥)」【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 金沢(かねざわ):  北海道石狩郡当別町金沢

■ 神居古潭(カムイコタン): 北海道旭川市神居町神居古潭

■ 川白(かわしら): 北海道古宇郡神恵内村珊内村川白

■ 木古内(きこない): 北海道上磯郡木古内町
・ 喜古内・喜子内・木子内・キコナヰとも書いた。渡島(おしま)地方西南部、東南は津軽海峡。地名の由来は、アイヌ語のリロナイ(潮入り川の意味)によるとも、リコナイ(登る沢の意)によるともいう。またキコナイのキコは「木之子」(菌の意)の略称で、菌の沢を意味するとも説かれる。【角川日本地名大辞典】

■ 北村(きたむら): 北海道空知郡北村(現岩見沢市)。甲斐国出身の北村牧場の開設者の北村雄治に由来する。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 京極町(きょうごくちょう): 北海道虻田郡京極町。香川県丸亀から入植した町で、丸亀藩主京極家の名をとった。

■ 釧路(くしろ): 北海道釧路市

■ 沓形(くつがた): 北海道利尻町の沓形
・ 旧沓形町。利尻島西岸の港町で、利尻町役場がある。由来は諸説あるが、アイヌ語のクッチ・カン・ナイ(桑の実・を採る・川)。昭和31年に仙法志(せんぽうし)村と合併して利尻町。【地図から消えた地名 今尾恵介 東京堂出版】

■ 屈斜路(くっしゃろ): 屈斜路湖。北海道川上郡弟子屈町屈斜路
・ アイヌ語の「クッチャル(沼から水上流れでる口)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 屈足(くったり): 北海道上川郡新得町屈足
・ アイヌ語の「クッタル(イタドリ)」+「ウシ(ところ)」に由来する。イタドリの群生地を意味する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 倶知安(くっちゃん): 北海道虻田郡倶知安町
・ 地名はアイヌ語のクチャアンナイ、またはクチャウンナイに由来し、「猟師の丸木小屋のある沢」を意味する説、クッサムウンベツで「岩崖の傍にある川」を意味する説などがある。江戸期は倶登山(くとさん)川をクッシャニと称し、尻別川との合流点南岸をソウツケと呼んでいる。クッシャニの地名由来については、松浦武四郎「西蝦夷日誌」に「ホンクツシヤニ、名義、和人にてガゴゼと云、漁具の事也」とあり、「北海道蝦夷語地名解」に「クトサニ、泥土の濁川」と見える。また、松浦武四郎「丁巳日誌」によれば、「クツシヤニ、此川巾(七、八間)、左りの方より落来る相応の流也。然し魚類は桃花魚・鱒・?・チライのみのよし。荷物等を運ぶ時は此川口より丸木にて、チツフ子ウシフルまで遣し候によろし」と見え、同川流域に住人はなく、当地は倶知安峠(稲穂峠)越しにイワナイ方面との交流があったことがわかる。なお、明治24年の「殖民地撰定報文」に倶登山川がはじめてクッチャン川と記されている。【角川日本地名大辞典】

■ クッチャロ湖: 北海道枝幸郡浜頓別町

■ 熊本(くまもと): 北海道夕張郡由仁町熊本。熊本県からの入植者によって開拓されたことに由来する。

■ 幸福(こうふく): 北海道帯広市幸福町
・ 1897年に福井県からの入植者によって開拓された。当時はアイヌ語で「サチナイ」と呼ばれていた。地震のことを和語で「ナイ」という。「サチナイ」に「幸震」の字をあてて、「こうしん」と読ませていたが、福井県出身者が開発したことを踏まえ、「幸震」の「幸」と「福井」の「福」をとって「幸福」とした。
※ 幸福駅、一世を風靡しましたねぇ。

■ 濃昼(ごきびる): 北海道石狩市浜益区濃昼

★ 

■ 札幌(さっぽろ): 北海道札幌市

■ 猿払(さるふつ): 北海道宗谷郡猿払村。地名は猿払川の河川名に由来し、アイヌ語のサロプトは「茅川口」を意味する。【角川日本地名大辞典】

■ 支笏(しこつ): 支笏湖。北海道千歳市支笏湖温泉
・ アイヌ語の「シ(大地)」+「コツ(凹み)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 静内(しずない): 北海道日高郡新ひだか町静内
・ アイヌ語の「シ(大きい)」+「フチ(祖父)」+「ナイ(川)」に由来する。祖父?古いという意味か?【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「シュッナイ(祖父母の川)」とも「シュッナイ(ブドウの川)」とも。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ アイヌ語の「シュツ・ナイ(麓の川)」、「シ・フチ・ナイ(母なる川)」とも。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 士別(しべつ): 北海道士別市

■ 占冠(しむかっぷ): 北海道勇払郡占冠村
・ 地名の由来は、アイヌ語のシムカプ(甚だ静かで平和な上流の場所の意)で、村成立時に官設占冠駅逓の取扱人であった岩崎誠治が漢字をあてて村名としたといわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 積丹(しゃこたん): 北海道積丹郡積丹町
・ アイヌ語の「サク(夏)」+「コタン(村)」。アイヌ人の避暑地?【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「シャック・コタン(夏の集落)」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 斜里(しゃり): 北海道斜里郡斜里町

■ 朱鞠内(しゅまりない): 北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内
・ もとは幌加内村の一部。大正2年岐阜団体が入植したのが開拓の始まり。昭和39年大火が発生し、94世帯・351人が被災。【角川日本地名大辞典】

■ 渚滑(しょこつ): 北海道紋別市上渚滑町

■ 知床(しれとこ): 北海道目梨郡羅臼町知床岬

■ 白石(しろいし): 札幌市白石区。仙台藩家老で白石城主だった片倉家によって開発されたのに由来する。

■ 薄野(すすきの): 北海道札幌市中央区

■ 瀬棚(せたな): 北海道久遠郡せたな町瀬棚
・ アイヌ語の「セタ(犬)」+ナイ「(川)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
※ 「犬の居る川」ではおかしいしなぁ。「犬」は「狼」ってこともあるが。
・ アイヌ語の「セタナイ」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 銭函(ぜにばこ): 北海道小樽市銭函

■ 層雲峡(そううんきょう): 北海道上川郡上川町層雲峡。
・ アイヌ語の「ソ(滝)」+「ウン(そこの)」+「ペツ(川)」。滝のある川。大町桂月が命名した。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 宗谷(そうや)岬: 北海道稚内市

★ 

■ 伊達市(だてし): 北海道伊達市。宮城県仙台市の仙台藩の伊達家の分家の亘理伊達家に由来する。

■ 狸小路(たぬきこうじ): 北海道札幌市
・ 明治時代に、この地に曖昧屋があった。曖昧屋とは、表向きは料理屋だが実質は売春宿。曖昧屋の女性は狸と同じように男をたぶらかすことに由来する。
※ たしか、仙台の一番町と国分町の間も狸小路と言わなかった?由来はおなじだろうか。

■ 旅来(たびこらい): 北海道中川郡豊頃町旅来
・ 旅来は、襟裳岬の向こうから勇猛な日高アイヌが攻めてきた時、この地の酋長が深手を負いながら、敵を追い払い勝利の「タップカラ」神楽を舞って絶命したことに由来する。【ローカルバスの終点へ 宮脇俊三 洋泉社】
・ 古くはタフコライと称した。十勝地方南東部,十勝川下流域。地名の由来には、アイヌ語のタプコプライ(丸山で死んだの意)による説、タプカルライ(踏舞して死んだところの意)による説がある。なお、当地には当地のアイヌと日高アイヌが戦った時に、傷つき死に瀕した首長が踏舞したという伝説がある。松浦武四郎「戊午日誌」によれば、バラウツカの下流にタフコライの地名が見えるが、住人は記されていない。【角川日本地名大辞典】

■ 樽前山(たるまえやま): 北海道苫小牧市樽前。アイヌ語の「オタ(砂)」+「オルケ(崩れて凹んでいるところ)」+「オマイ(にある)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 千歳市(ちとせし): 北海道千歳市
・ かつてこの地に鶴が多かったことから「鶴は千年、亀は万年」の故事にちなみ「千歳」と命名。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 知方学(ちぽまない): 北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村知方学。

■ 茶志内(ちゃしない): 北海道美唄市茶志内町 

■ 長節(ちょうぶし): 北海道中川郡豊頃町長節
・ アイヌ語の「チェプ(鮭)」+「ウシ(ところ)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 千代田(ちよだ): 北海道苫前郡初山別村千代田
・ 地名は、当地が水田地帯で、毎年良米を産するところから命名したという。【角川日本地名大辞典】

■ 月形(つきがた)町: 北海道樺戸郡月形町
・ 月形は福岡藩に仕えた儒学者の家で、それが北海道の地名となった。この地の刑務所長だった月形潔に由来する?【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】
・ 初代樺戸集治監(監獄)典獄の月形潔に因む。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 手稲(ていね): 北海道札幌市手稲区

■ 弟子屈(てしかが): 北海道川上郡弟子屈町
・ アイヌ語の「テシカ(鮭をとる梁)」+「カ(罠)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「テシカガ(岩が川を横断しているところ)」とも「テシュカガ(岩の上)」とも。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 天塩(てしお): 江戸期から見える地名。 古くはテシヲ・テシホ・テシユなどと書いた。留萌(るもい)地方の北西部、天塩川河口域に位置する。地名は、アイヌ語のテッシ(梁の意)に由来する(天塩町史)。【角川日本地名大辞典】

■ 洞爺(とうや): 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町

■ 遠野(とおや): 北海道釧路郡釧路町遠矢
・ 地名はアイヌ語のトーヤ(沼の岸の意)に由来するという。松浦武四郎「戊午日誌」に「トウヤ、小沼有」と見える。【角川日本地名大辞典】

■ 徳島(とくしま): 北海道久遠郡せたな町北檜山区徳島。徳島県人の入植により開拓されたことに由来する。

■ 常呂(ところ): 北海道北見市常呂町

■ 栃木(とちぎ): 常呂郡佐呂間町栃木。明治44年栃木県の足尾銅山鉱毒罹災者66戸・240余人が当地に集団移住。以後付近一帯は栃木と称され、大正4年佐呂間村成立後は栃木として1地区を成し、昭和29年字栃木となる。【角川日本地名大辞典】

■ 鳥取(とっとり): 北海道釧路市鳥取北・南
・ 旧鳥取町。鳥取県の士族が移住して開拓したことに由来する。【地図から消えた地名 今尾恵介 東京堂出版】

■ 苫小牧(とまこまい): 北海道苫小牧市

■ 苫前(とままえ): 北海道苫前郡苫前町

■ 頓別(とんべつ): 北海道枝幸郡浜頓別町

★ 

■ 永山(ながやま): 北海道旭川市永山町(旧上川郡永山町)。上川地方中西部、石狩川上流左岸。地名は、屯田本部長永山武四郎に由来する。

■ 七飯町(ななえちょう): 北海道亀田郡七飯町

■ 新冠(にいかっぷ): 北海道新冠郡新冠町
・ アイヌ語の「ニ(木)」+「カプ(皮)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「ニ・カップ(木の皮)」に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ アイヌ語の「ニカプ(ニレの皮)」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 新見(にいみ): 北海道磯谷郡蘭越町新見
・ 地名は、新見直太郎が当地に温泉を発見し新見温泉を開業したことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 仁木(にき): 北海道余市郡仁木町。阿波国出身の仁木竹吉に由来する。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ ニセコ: ニセコアンヌプリ山。北海道虻田郡ニセコ町。

■ 二風谷(にぶだに): 北海道沙流郡平取町二風谷。
・ アイヌ語の「ニ(木)」+「ペ(ところ)」+「タ(切る)」+「ネッ(漁をするときのさしかけ)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 糠内(ぬかない): 北海道中川郡幕別町糠内
・ 地名の由来は、アイヌ語のヌカンナイ(小石川の意)による。明治31年吉田平一郎を団長とする富山県西礪波郡伍位村出身者を主体とする五位団体が入植。【角川日本地名大辞典】

■ 糠平(ぬかびら): 北海道上士幌町?
・ アイヌ語の「ノカ(形)」+「ピラ(崖)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 沼田(ぬまた): 北海道雨竜郡沼田町。門徒代表だった沼田喜三郎に由来する。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】
・ 富山県から移住した沼田喜三郎一家に由来する。

■ 納沙布(のさっぷ): 納沙布岬。北海道根室市納沙布
・ アイヌ語の「ノト(岬)」+「サム(側)」。岬の側。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 野寒布(ノシャップ)岬: 北海道稚内市

■ 野付(のつけ): 北海道野付郡別海町野付
・ アイヌ語の「ノッケウ(顎)」に由来する。顎は岬をさす。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 能取(のとり): 北海道網走市能取

■ 登別(のぼりべつ): 北海道登別市

★ 

■ 函館(はこだて): 北海道函館市

■ 馬主来(ぱしくる): 北海道釧路市音別町馬主来

■ 発足(はったり): 北海道岩内郡共和町発足
・ アイヌ語の「ハッタル(水が深く淀んでいるところ)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 浜益(はまます): 北海道石狩市浜益区
・ 浜益は、当初は益毛といわれたが、後に浜益毛となり、浜益となった。アイヌ語の「マシ(カモメ)」+「ケ(集まる所)」。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ 「ハマノシケ」を「浜益」と表記した。本来は、「ハマノシケ」は「マシケ」と言われていたが、運上屋が現在の増毛町に移ったので、そちらも「マシケ」と言われ、、区別するために「ハマ(浜)マシケ)というようになった。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 番場町(ばんばちょう): 北海道北見市番場町

■ 美瑛(びえい): 北海道上川郡美瑛町

■ 人住内川(ひとすまないがわ): 北海道二海郡八雲町
・ アイヌ語の「イ(そこの)」+「ト(沼)」+「スマ(石)」+「ナイ(川)」。そこの沼の中に石のある川。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 美馬牛(びばうし): 北海道上川郡美瑛町美馬牛

■ 日吉町(ひよしちょう): 北海道苫小牧市日吉町。北海道函館市日吉町。

■ 平取(びらとり): 北海道沙流郡平取町
・ アイヌ語の「ビラ(崖)」+「ウトル(間)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「ピラウトル(崖の間)」とも「ピラウドリ(両崖の間)」ともいう。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 広尾(ひろお): 北海道広尾郡広尾町
・ アイヌ語の「ピ(小石)」+「ルイ(砥石)」。砥石が小石のように転がっている。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「ピルイ(転がる砥石)」とも「ピロロ(陰)」ともいう。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 広島(ひろしま): 北海道北広島市広島。広島県からの入植者が開拓した。

■ 別寒辺牛(べかんべうし): 北海道厚岸郡厚岸町別寒辺牛。アイヌ語の「ペカンペ(菱の実)」+「ウシ(ところ)」。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 別海(べっかい): 北海道野付郡別海町

■ 別保(べっぽ): 北海道釧路郡釧路町別保
・ アイヌ語の「ベッポ(おがわ)」に由来する。
・ 別保(べっぽ): 北海道釧路郡釧路町別保。松浦武四郎「戊午日誌」に「ヘツホウ、小川有、是川の倅と云儀也」と見える。【角川日本地名大辞典】
・ 別保(べつのほ):  山梨県笛吹市石和町中川別保(べつほ)。当地は、江戸期下積翠寺村のうちに見える小字名「別府」のことと思われる。【角川日本地名大辞典】
・ 別保(べっぽ): 群馬県富岡市別保。

■ 母恋(ぼこい):  北海道室蘭市母恋北・南町。母恋といえば母恋飯。

■ 北方領土

■ 幌加内(ほろかない): 北海道雨竜郡幌加内町
・ 地名は、アイヌ語のホロカナイ(後戻りする川の意)に由来し、雨竜川が南流しているのに対し、幌加内川は北流していることにちなむ。江戸期の松浦武四郎「丁巳日誌」によれば、ホリカナイと見える。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 増毛(ましけ): 北海道増毛郡増毛町。古くはマスケともいい、増慶とも書いた。地名は、アイヌ語のマシュキニ(漁獲がとても多い所の意)に由来するという。また、マシケの意味には「カモメの多い所」、「焼いて背負う」、「良い」などの諸説があるが、どれも鯡が多い、漁獲が多い意味に関連している。【角川日本地名大辞典】

■ 摩周(ましゅう): 北海道川上郡弟子屈町摩周
・ アイヌ語の「マシュウ(カモメ)」+「ウン(そこにある)」+「ト(沼)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
※ 摩周湖って内陸なんだが、カモメいるのかなぁ?

■ 真狩(まっかり): 北海道虻田郡真狩村

■ 鵡川(むかわ): 北海道むかわ町
・ アイヌ語の「ムッカ(ふさがる)」+「ペツ(川)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】
・ アイヌ語の「ムッカ・ペツ(ふさがれた川)」に由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
・ アイヌ語の「ムツカペッ(上潮のために河口が砂でふさがる川)」【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 芽室(めむろ): 北海道河西郡芽室町
・ 江戸期から見える地名。古くはメモロといい、目室とも書いた。地名は芽室川の河名により、河名の由来には、アイヌ語のメムオロペッ(泉沼より来る川、湧壺の所の川の意)にちなむ説、メムオロ(冷水の淵、冷水の池の意)にちなむ説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 貰人(もうらいと): 北海道厚岸郡浜中町貰人
・ アイヌ語の「モ(静かな)」+「ウライ(魚をとる梁)」+「ト(沼)」。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 紋別(もんべつ): 北海道紋別市

★ 

■ 八雲(やくも): 北海道二海郡八雲町

■ 山形(やまがた):  北海道夕張郡由仁町山形

■ 山梨(やまなし): 北海道虻田郡倶知安町山梨。地名の由来は、山梨県人によって開拓されたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 湧別(ゆうべつ): 北海道紋別郡湧別町

■ 余市(よいち): 北海道余市郡余市町

■ 養老牛(ようろううし): 北海道標津郡中標津町養老牛
・ アイヌ語の「エオルシ(山が崖になって水中に入り込んでいるところ)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

★ 

■ 羅臼(らうす): 北海道目梨郡羅臼町
・ アイヌ語の「ラ(低い)」+「ウシ(ところ)」に由来する。【地名を巡る北海道 HOPPAライブラリー】

■ 陸別(りくべつ): 北海道足寄郡陸別町
・ 古くはリクンベツといい、※別・淕別と書いた。地名の由来には、アイヌ語のリク※ペッ(高く危い川の意)による説、リクンベツ(高く上がっていく川の意)による説があり、一説にはユクンペツ(鹿の生息する川の意)によるともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 利尻島(りしりとう): 北海道利尻郡利尻町

■ 留辺蘂(るべしべ): 北海道北見市留辺蘂町

■ 留萌(るもい): 北海道留萌市

■ 礼文島(れぶんとう): 北海道礼文郡礼文町

■ 麓郷(ろくごう): 北海道富良野市麓郷
・ 地名は、東にある大麓山の麓にある郷であることにより、東京大学演習林長三浦常雄により命名。なお大麓山は、明治32年東大総長菊地大麓が演習林内視察に訪れたのを記念して命名されたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 稚内(わっかない): 北海道稚内市

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示