蘆名家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 蘆名家(あしなけ): 家紋「三つ引両紋

・ 陸奥国黒川郡黒川(福島県会津若松市)を本拠地とした。

・ 相模国三浦氏の一族の佐原義連を祖とし、相模国三浦郡蘆名をルーツとする。義連は奥州合戦の功で陸奥国の会津地方を与えられ、孫の光盛が会津に住んで蘆名氏を称した。天正17年(1589年)に伊達政宗に敗れて会津を失った。佐竹氏の所領の常陸国に逃れた蘆名義広は盛重と名を変えて江戸崎4万5千石を領した。江戸時代には佐竹氏の秋田転封に従って角館に転じたが跡継ぎがおらずに断絶した。【戦国大名「御家」系譜事典 宝島社 監修:森岡浩】 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示