柳沢家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 柳沢家(やなぎさわけ): 「柳沢」の名字の由来 

# 柳沢家(大和国郡山藩

・ もとは甲斐国武田家の家臣で、武田家が滅亡後に徳川家に仕えた。柳沢安忠は三代将軍家光の弟の駿河大納言忠長に仕えていたが、忠長が失脚後に浪人となり、上野国の館林藩主だった徳川綱吉に仕え、勘定頭を務めた。安忠の嫡男の吉保は530石の石高を継いで、綱吉が西の丸の入ると、それに同行して小納戸役となった。元禄元年に側用人として1万2千30石で大名となる。6年後には武蔵国川越藩7万2千30石。その後15万石まで加増され甲斐国甲府藩へ。その後、大和国郡山藩15万1200石。明治時代には伯爵。越後国の黒川藩と越後国の三日市藩は分家。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

# 柳沢吉保

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示