成瀬家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 成瀬家(なるせけ): 「成瀬」の名字の由来

・ 成瀬家12代当主の成瀬正俊。成瀬家は尾張藩の付け家老。

・ 犬山城は明治4年の廃藩置県で、天守以外の建物がほとんど取り壊され、愛知県の所有となった。明治24年の濃尾地震で天守が半壊した際、愛知県が成瀬家に修理を要請し、それを条件に再び成瀬家の所有となった。

・ 成瀬家は、南北朝時代に、関白の二条良基が三河国足助荘成瀬郷(愛知県豊田市)に滞留中に生まれた基久が同地に住み、成瀬氏を称した。子孫は松平氏に仕えた。

・ 犬山城の初代城主の成瀬正成は、家康の小姓をつとめ、初陣の小牧長久手の合戦の功で、家康の関東入国後に、下総国葛飾郡栗原郷(千葉県船橋市)で4千石、後に甲斐国で2万石、その後三河国加茂郡で1万石の加増を受けた。そして、家康の九男の義直が尾張藩主となると、1612年に付け家老を命ぜられ、1617年に犬山城主となった。

【お殿様は「今」 加藤明 洋泉社】 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示