阿部家
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「家」のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 阿部家(あべけ): 「阿部」の名字の由来

・ 代表家紋

・ 「寛政譜」によると、「阿部氏は、もとは藤原氏にして道兼の流八田権頭宗綱の次男の小田筑後守知家が末流なり。のち姓を安倍にあらため、家号もまた阿部を称す。しかれども其由来を詳(つまびらか)にせずといふ」とある。

・ 阿部家の三流
@ 善九郎家: 阿部善九郎正勝。子孫は備後国福山藩10万石など。
A 新四郎家: 阿部新四郎重吉。子孫は旗本570石。
B 大蔵家: 阿部大蔵定吉。弟の子孫は旗本1千石。

@ 善九郎家: 阿部善九郎家は山中譜代の可能性がたかい。阿部善九郎正勝は、家康が織田家や今川家の人質となった際には従者の一人として仕えた。その際に、今川義元にも気に入られて、今川家の家臣の江原三右衛門定次の娘と結婚した。家康の関東入国では武蔵国安達郡鳩ヶ谷などで5千石。正勝の長男の備中守正次は関ヶ原の合戦で家康の本隊に属し、加増されて1万石を賜った。その後、上総国大多喜藩3万石、相模国小田原藩5万石、武蔵国の岩槻藩8万6千石。子孫は丹後国宮津藩下野国宇都宮藩を経て、備後国福山藩10万石。分家には上総国の佐貫藩1万6千石がある。この家系からは老中が5人出、幕末の阿部正弘が有名。正次の甥の阿部備後守忠秋は、三代将軍徳川家光の近習として仕え、1633年には老中となり、下野国壬生藩2万5千石、武蔵国の忍藩8万石を領した。子孫は陸奥国白河藩、その後棚倉藩となり10万石。

A 新四郎家: 阿部新四郎重吉の先祖は不明。重吉は、家康の出生時から小姓として務め、今川家の人質時代にも従った。

B 大蔵家: 阿部大蔵定吉の先祖は不明。

【出典: 徳川家臣団の謎  菊地浩之 角川選書】 

■ 阿部正弘: 1819年に、備前国福山藩10万石藩主の阿部正精の六男として生まれた。父の跡を継いだ兄のあとをうけて藩主となり、奏者番寺社奉行を歴任し、1845年に老中首座となった。

■ 阿部家(備後国福山藩

・ 阿部家は平安時代の関白の藤原道兼の末裔とされ、阿部正宣が松平清康に仕えたのが始まり。正宣の子の正勝は今川家の人質となった家康に仕え、家康の関東入国後には武蔵国鳩谷で5千石。正勝の子の正次は関ヶ原の戦い後に武蔵国鳩谷で1万石。その後、大阪の陣の功で上総国大多喜3万石、そして相模国小田原5万石。元和9年に解任されて転封した老中の青山忠俊の後を受けて武蔵国岩槻に転じ老中となった。寛永3年には大坂城代として8万6千石。五代の正邦は丹後国宮津藩下野国宇都宮と転じ、10万石となった。そして、宝永7年(1710年)に備後国の福山へ。十一代の正弘は幕末を代表する老中で、水野忠邦の失脚後25歳で老中となった。明治維新後には伯爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

■ 阿部家(陸奥国棚倉藩

・ 阿部正勝の次男の忠吉を祖とする。初代の忠秋は三代将軍徳川家光の六人衆に選ばれ、老中となり寛永12年に下野国の壬生2万5千石。その後武蔵国の忍に転じ、8万石を領した。三代の正武の時代には10万石。九代正権が陸奥国の白河に転封となり、慶応2年(1866年)に陸奥国の棚倉10万石。明治維新後には子爵。【譜代大名126家「勝ち組」の出世競争 榎本秋 晋遊舎新書】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示