池田家の人々
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 池田家

■ 「池田」の名字の由来

■ 池田輝政
・ 池田輝政の2番目の正室は徳川家康の娘の督姫。督姫は以前は小田原の北条氏直に嫁いでいたが、秀吉の小田原征伐で北条家が滅んだ後、実家の徳川家に戻っていた。輝政は姫路に入城後、城の大改築を行い今の姫路城とした。

■ 池田光政
・ 光政の父親は播磨国姫路藩主。光政は三代将軍徳川家光から一字を賜った。
・ 通称: 新太郎少将
・ 階位: 従四位下左近衛権少将。
・ 1616年に播磨国姫路藩主となったが、7歳と幼少だったため、因幡・伯耆32万石に減じて鳥取に転じた。その後、備前国岡山32万石へ。
・ 1654年に、備前国は大洪水にみまわれ、旭川や吉井川が氾濫し、続いておきた飢饉では3700人の餓死者がでた。そこで光政は飢えた領民20万人に対して、一人一日あたり米一合を支給した。
・ 光政は、津田永忠を登用し、百間川を開削し、旭川の水を百間川に導いて海に流すようにした。加えて新田開発に尽力した。藩校の閑谷(しずたに)学校を開いた。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示