水野忠邦
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 水野忠邦(諱)

・ 「水野」の名字の由来

・ 1794年〜1851年

・ 幼名: 於菟五郎(おとごろう)

・ 号: 松軒・菊園

・ 階位: 越前守

・ 天保の改革を行った。

・ 水野忠邦が唐津藩主だったとき、老中になれる浜松藩主への転封を画策したという。表高はともに6万石だが、実高には大きな差があり「名をとって、実を捨てた」という感じか。当然、家臣の反対は相当で、財政改革を行っていた重臣の二本松大炊は自決したという。忠邦は1794年に唐津藩主の水野忠光の子として江戸藩邸に生まれた。寺社奉行大坂城代京都所司代老中とすすんだ。「天保の改革」の実施で有名。1843年に老中を罷免され、減知となり、子の忠精(ただきよ)は出羽国山形に転封となった。

# 水野忠邦の天保の改革

・ 老中に登用: 土井利位、堀田正篤、真田幸貫。

・ 若年寄に登用: 堀田正衡、大岡忠固、遠藤胤統、本庄道貫。

・ 寺社奉行に登用: 稲葉正守、阿部正弘、戸田忠温、松平忠優。

・ 町奉行に登用: 遠山景元(金四郎)、矢部定謙。

・ 勘定奉行に登用: 佐橋佳富、梶野良材、松平政周、土岐頼旨。

【小説 遠山金四郎 童門冬二】

# 水野家


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示