長谷川平蔵
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 長谷川平蔵(通称)

・ 「長谷川」の名字の由来

・ 1745年〜1795年
・ 諱: 宣以(のぶため)
・ 幼名: 銕三郎(てつさぶろう)・ 銕次郎(てつじろう)
・ 渾名(あだな): 鬼平

・ 父親の宣雄は火附盗賊改方から京都西町奉行に抜擢。平蔵も京に同道したが、宣雄が死亡したため江戸に戻り、家督を継いだ。その後、1774年に江戸城西の丸御殿の書院番士(警備)に就任した。1788年に先手組弓頭のときに火附盗賊改方に任ぜられた。平蔵の業績としては、「人足寄場」の設置。

※ よく、BSフジで「鬼平犯科帳」をやってますねぇ。しかし、上記によると火附盗賊改方になって7年後には亡くなっているんですね。

# 長谷川平蔵の家禄は400石。天明7年に火付盗賊改(先手組頭)の役高は1500石。35%の年貢で525石で年収は1億230万3000円(60人扶持を含む)。【江戸の長者番付 菅野俊輔 青春出版社 ・ 1両:約16万2000円で計算 】


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示