保科正之
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 歴史的人物のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 保科正之(諱)

# 「保科」の名字の由来

・ 1611年〜1673年
・ 神号: 土津霊神(はにつれいじん)
・ 幼名: 幸松
・ 階位・通称: 肥後守、正四位下左近衛中将
・ 会津藩の初代藩主。

・ 幼かった四代将軍を補佐して善政をしいたとして有名。「玉川上水の掘削」。明暦の大火の後始末として回向院の建立。回向院は宗派を超えて死者の埋葬を行った。

・ 徳川秀忠の正室の「お江与の方」が、秀忠に側室をもつことを認めなかった。したがって、正之の母の志津(お静の方)が懐妊すると、尼僧の見性院(武田信玄の娘)に預けられ、生まれた子は信濃国高遠藩の保科正光に養子に出した。

・ 保科正之は、八王子に住んでいた武田信玄の娘の見性院(織田信忠の婚約者だった)に預けられた。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】

# 社倉: 明暦元年以来、保科正之は国許の会津に「社倉」を設置し、米の備蓄に努めた。その結果、凶作の年にもほとんど餓死者は出なかった。【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 徳川家綱時代の三大美事(保科正之が大きくかかわった)
・ 末期養子の禁止の緩和
・ 殉死の禁止
・ 大名証人制度の廃止: 幕府が諸藩の家族を人質として江戸においたこと。
【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 保科正之が高遠にいたのは、元和3年(1617年)11月から寛永13年(1636年)7月まで。つまり、7歳から26歳までの約20年間。養父の保科正光が死亡して高遠藩を継いだのは寛永8年11月。寛永13年(1636年)7月に出羽国山形20万石へ転封。【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 保科家の家臣団
・ 保科家が信州高遠3万石から出羽国山形20万石に転封される前に山形藩主だったのは鳥居家24万石で、鳥居忠恒は跡継ぎがいなかったため、領土を没収。異母弟の忠春に信州高遠3万石を与えたため、鳥居家から解雇された家臣団が多く浪人として残っていた。
・ 「家世実紀」によると、寛永13年8月に旧鳥居家の家臣として、今村(2000石)、三宅(1050石)、神保(2000石)、大熊(1200石)、中野・沼沢(1000石)の名がみえる。
・ 100石以上で召し抱えられたものは158名。
 高遠以来の家臣団としては、
・ 城代家老の保科民部: 1000石→3000石
・ 家老の田中三郎兵衛: 1000石→1500石 。寛文6年(1666年)には会津藩の大老となり、正之から藩政を任せられた。
・ 家老の北原采女と一瀬勧兵衛: 300石→1300石
・ 篠田半左衛門・小原五郎右衛門: 300石→1000石
・ 組頭の井深監物: 400石→1000石
・ 100石以上の家禄のものは83名
 山形の保科家の家臣団の構成
・ 譜代83名(34.4%)、旧鳥居家の家臣158名(65.6%)
・ 1000石以上の重臣の構成
譜代7名(53.8%)、旧鳥居家の家臣6名(46.2%)。
【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 保科正之の官位
・ 寛永8年(1631年): 従五位下、肥後守。
・ 寛永9年(1632年): 従四位。
・ 寛永11年(1634年): 侍従。
・ 正保2年(1645年): 少将、従四位上。
・ 承応2年(1653年): 中将、正四位下。
【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 保科正之の養父の保科正光の正室は信州上田藩の真田昌幸の娘。【保科正之 徳川将軍家を支えた会津藩主 中村彰彦 中公文庫】

# 保科正之の家訓: 「婦人女子の言は、一切きくべからず」【考証 大奥 稲垣史生】

# 振袖火事の後の米価高騰に対する保科肥後守正之の策: 米価高騰を防止するため、需要と供給のバランス政策を行った。それは、米の市場への米の放出と参勤交代の時期の調整、国元に帰る大名を早めに、江戸に上る大名を4月から6月に遅めに。

# 振袖火事のさなか、蔵前の幕府の米倉に火の手がまわろうとしたが、火消しの数が足りない。そこで保科正之は、米倉の米を庶民に供出し、勝手取り放題とした。庶民は、こぞって米倉への類焼を防いだ。日本堤を庶民に固めさせたのと同じで、民の力を利用する。

# 保科正之の母親は旧北条家の家臣の神尾(かんのお)家の出。

# 保科正之の娘は、米沢藩主の上杉家や、加賀藩主の前田家の正室となった。


Help】 「苗字」「階位」「幼名」「通称」「諱」「尊称」「号」「氏」「姓」などはこちらをご覧ください。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示