江戸時代の休日
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 江戸時代の雑学Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 江戸時代の休日

※ 江戸時代の休日というと、「お盆と正月」的なイメージがあるが、どうもそうではなかったようだ。
・ 農作業を休む休日は「遊び日」「休み日」といい、村ごとに決められていた。休日の原型は17世紀後半から18世紀はじめに形作られ、その時点で休日(遊び日)は年間20日前後から30日以内が一般的で、神祭り、神遊びという宗教的色彩が強かった。その後、遊び日は次第に増加し、19世紀には定例の遊び日に加えて、臨時の遊び日も作られた。【百姓の力 江戸時代から見える日本 渡辺尚志 角川ソフィア文庫】

※ 日曜日の他に祝日が増えていったみたいなもんかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示