和歌山県内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 紀州藩(和歌山県和歌山市)

・ 徳川家55万5千石・御三家

・ 徳川大納言

・ 徳川頼宣: 紀伊国紀州藩祖。徳川家康の十男。

・ 頼宣の母のお万の方は、上総国勝浦城主の正木氏の娘。

・ 紀州徳川家家老安藤家は田辺城主で3万8800石。水野家は新宮城主で3万5000石。

・ 徳川治宝(はるとみ): 紀伊国紀州藩主。茶器作りのために庭園に窯を築いた。

・ 明治政府は1873年に徴兵令を出し、満20歳以上の男子に兵役の義務を課したが、それをさかのぼる4年前に兵制をもうけていたのが紀州の和歌山藩。最後の藩主の徳川茂承は、津田出を登用し、1869年に「交代兵要領」を出し、翌年には「兵賦略則」によって細部を布達した。その内容は、満20歳以上の藩内の男子の身体検査を行い、兵役を課するというもの。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 新宮藩(和歌山県新宮市)

・ 水野家3万5千石

・ 紀州藩の付け家老

・ 本家は常陸国結城藩

・ 徳川家康の母の於大の方の甥の重央を祖とする。

■ 田辺藩(和歌山県田辺市)

・ 安藤家3万8千石

・ 紀州藩の付け家老


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示