京都府内の諸藩
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 藩のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 綾部藩(京都府綾部市)

・ 九鬼家1万9千石・外様・陣屋。

■ 亀山藩(京都府亀岡市)

・ 松平家5万石・譜代大名

・ 亀岡はかつては亀山と言った。しかし、明治時代になって三重県の亀山と同名なので改称したという。

・ 本能寺の変に際して、明智軍はここから出発した。

・ 1748年に形原(かたのはら)の松平家が、丹波国篠山から転封してきた。

■ 園部藩(京都府南丹市)

・ 小出家2万6千石・外様・陣屋

・ 藩祖の小出秀政の妻は豊臣秀吉の母の大政所の妹。岸和田から但馬国出石に転じたが、本家は断絶し、園部藩の分家が残った。

■ 田辺藩(京都府舞鶴市)

・ 牧野家3万5千石・譜代大名

・ 明治時代になって和歌山県の田辺と同名なので田辺から舞鶴に改名したという。

・ 越後国長岡藩の牧野家の分家。

■ 福知山藩(京都府福知山市)

・ 朽木家3万2千石・譜代大名

・ 1669年に朽木家が常陸国土浦より転じ、幕末まで続いた。

・ 滋賀県高島市朽木の出で、近江源氏の佐々木氏の支流。

・ 朽木昌綱

・ 福知山藩は佐幕から勤皇に方向転換し、新政府軍の一員として、戊辰戦争後には二千両の賞典金を下賜された。【江戸300藩の意外な「その後」 日本博学倶楽部 PHP研究所】

■ 峰山藩(京都府京丹後市)

・ 京極家1万1千石・陣屋

■ 宮津藩(京都府宮津市)

・ 本庄家7万石・譜代大名

■ 山家藩(京都府綾部市)

・ 谷家1万石・外様・陣屋

■ 淀藩(京都市)

・ 稲葉家10万2千石・譜代大名

・ 稲葉丹後守

・ 1723年に入封した稲葉家は、春日局の夫で、春日局が三代将軍徳川家光の乳母となったおかげで大名となり、もとは林姓だった。後に、臼杵藩祖の稲葉一鉄の孫娘をめとって稲葉姓に転じた。春日局は後妻。


【注意】転封などがあるため、藩主や石高には変化があります。ここでは一例を掲載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示