中臣氏
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 古代豪族の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 中臣氏(なかとみ-うじ): 「中臣」の名字の由来

・ 古代豪族で大和朝廷では祭祀を担当し姓(かばね)は連(むらじ)。

・ 中臣鎌足は歴史上突然現れたり消えたりしている。一説には「鹿島神宮の神官」だったという説もあるそうだが、【ヤマト王権と十大豪族の正体 物部、蘇我、大伴、出雲国造家 関 裕二著 PHP新書】では、百済の王子の「豊璋(ほうしょう)」ではないかとしている。

・ 天児屋命を祖とする。

・ 宮中の神事を司った。

・ 姓(かばね)は「連」から「朝臣」

・ 「中つ臣」が転訛して「なかとみ」となった。

・ 神と人間の中間にいる臣の意味。

# 中臣鎌足はその業績により、天智天皇から鏡王女(かがみのおおきみ)を正妻として下賜され、「大織冠」という、これまで無かった位を授かり内大臣に任じられ、死後には中臣氏から独立せよとのことで、藤原姓を賜った。【伝説の日本史 第1巻〜神代・奈良・平安時代 「怨霊信仰」が伝説を生んだ〜 井沢元彦】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示