自然物名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■  

★ 

■ 

★ 

■ 月山(がっさん): 山形県

■ 神室山(かむろさん): 山形県、宮城県。
・ 山形県の北東部にある山。神室は「神霊の宿る岩窟」の意。山頂近くに「雷神・大田神・水神」の石碑や、石の祠、小さな鉄製の鳥居・剣が奉納され、稲作を左右する天候に関する神々が祀られている。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 蔵王山(ざおうざん、ざおうさん): 山形県、宮城県。

■ 須川(すかわ): 山形県

■ 石動山(せきどうさん、いするぎやま): 石川県鹿島郡中能登町石動山子部
・ 能登と越中の間にあるのは石動山(せきどうさん、、いするぎやま)。古くは「いするぎやま」「いしゆるぎやま」と呼ばれた。山内に延喜式内伊須流岐比古神社があり、祭神は伊須流岐比古神(いするぎひこのかみ・石動彦)。
・ 昔、赤道山に隕石が落ちて石となり、その石が鳴動し神威を顕したことに由来する。

★ 

■ 多摩川(たまがわ): 東京都(山梨県も?)
・ 山梨県東部から都の西・南部を東南流して東京湾に注ぐ川。山梨・埼玉両県境にある笠取(かさとり)山を水源とし、上流では市ノ瀬(いちのせ)川と称され、途中柳沢(やなざわ)川を合わせて山梨県北都留(きたつる)郡北部の山岳地帯を東流しつつ丹波(たば)川と名を変え、同郡鴨沢(かもさわ)で小袖(こそで)川を合わせて西多摩郡の奥多摩湖に入り、多摩川となる。多摩川は「和名抄」では「太波」とあり、古くは丹波川とも呼ばれたらしい。また後世「玉川」とも記したのは、山城・摂津・紀伊・陸奥にある玉川とともに六玉川(むたまがわ)と称されたことによるという。その水は、古来、飲料水・農業用水として利用されることが多く、すでに鎌倉期に多摩川から引水して武蔵野開発を行った事例が「吾妻鏡」に見える。江戸期には承応3年に玉川上水が開削されて江戸市街・武蔵野台地の発展に大きく貢献した。なお多摩川は上古、「万葉集」の東歌にもあるように、大陸からの渡来人による布晒しが行われた所として有名で、また沿岸の各地には中世の古戦場などの史跡も多い。【角川日本地名大辞典】

■ 千曲川(ちくまがわ): 長野県

■ 千歳山(ちとせやま): 山形市大字平清水字千歳山

■ 鳥海山(ちょうかいさん): 山形県、秋田県。
・ 「とりのうみやま」とも読み北山(ほくさん)・北の山・大物忌(おおものいみ)山ともいい、出羽富士や秋田富士ともいう。山名の北山・北の山は北辺における高山を意味するという。鳥海は山頂にある鳥海湖や鳥海氏に関係するとの説もあるが、詳細は未詳。火山体は旧火山の西鳥海と、新火山の鳥海本岳(享和岳)に分けられる。最高点は享和元年の噴火によってできた新山。荒神(こうじん)ケ岳・行者(ぎようじや)岳・伏拝(ふくはい)岳・文珠(もんじゆ)岳などの地名が残されている。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 日本国(にほんこく): 日本国(にっぽんごく)ともいう。新潟県と山形県の間にある山。山は日本国片麻岩からなり、ふもとの小俣渓谷の露頭には千枚岩様の片理が見られる。山容は摺鉢を伏せたようで地元では石鉢山とも呼ぶ。「庄内風土略記」に「日本国」の山名に関する多くの伝説が記される。大和朝廷の東征による蝦夷地との境、「ここまでが日本国」説、江戸期この山で獲れた鷹を領主に献上したところ賞讃して「獲れた山を日本国と名付けよ」説などで、定説はない。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八丈島(はちじょうじま): 東京都の八丈島
・ かつては「八嶽島(やたけじま)」だったが、「嶽」に「丈」をあてた。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 船形山(ふながたやま): 山形県、宮城県。
・ 奥羽山脈を形成する船形連峰の主峰をなす火山。御所山ともいう。山形・宮城県境のほぼ中央に位置する。宮城県側からみると、頂上は平坦で両側が張り、漁船の形に見えるところから船形山が一般的。山形県側でなじみ深い御所山の名称は、承久の乱で佐渡に流された順徳上皇が、ひそかに脱出し、この山に潜み住んだという伝承から生まれたとされている。
・ 船嶺(ふながね)ともいう。
【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 馬見ヶ崎川(まみがさきがわ): 山形県山形市

■ 最上川(もがみがわ): 山形県

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示